フェイスマスクの顔痩せダイエット効果って本当にある?小顔になれる理由を解説

小顔グッズとして様々な美容メーカーから販売されている『フェイスマスク』 ですが、みなさんは使ってみたことがあるでしょうか?

ジェイソンみたいですが…

フェイスマスクをする女性

その効果については賛否両論で、中にはお金をかけて購入したにもかかわらず全く効果がないという人もいれば、逆に顔痩せできたという人もいるようですね。使ってみようと思っても運任せのように効果がバラバラでは正直どうしたらいいのか迷ってしまうと思います。

そこで今回は実際に顔のダイエットをするうえで本当に効果があるのか、顔痩せできるという理由や根拠は何なのかということについてをまとめました。フェイスマスクを使った顔ダイエットをしている人、もしくは今後購入を考えている人は参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

フェイスマスクには本当に顔痩せ効果があるのか

実際に気になる効果の有無についてですが、結論から言えば顔痩せ効果はあると言って良いと思います。しかしこれは根本的な顔のダイエットができるという意味ではありません。

フェイスマスクで小顔になれる理由

まず、どうしてフェイスマスクで小顔になれるのかということについてです。最も関係する理由としてはフェイスマスクの装着によって顔が温められるため、血行の改善につながるということが挙げられます。

別途記事でも血行について解説していますが、血行が良くなると顔に滞留している血液の流れが良くなるため、むくみの改善につながります。むくみを解消することにより顔の面積は小さくなりますので、その分だけ小顔になれるということですね。

また、顔を温めると汗をかくことになりますが、普段あまり汗をかかない人は汗腺の機能を正常に保つことにより、良い汗をかく習慣がついてきます。

良い汗ってどんな汗?

汗には2種類あり、ひとつはドロドロでベタベタした汗、もうひとつはサラサラとした汗があります。

この違いはというと、ドロドロした汗には基礎代謝に必要なミネラルなどの成分が含まれているため、ドロドロの汗をかくということはダイエットに必要な基礎代謝の機能が低下してしまうことになります。

※代謝については下記別途記事で詳しく解説しています。

ダイエットではよく『代謝』という言葉を耳にしますが、その中でも基礎代謝、新陳代謝といった種類が存在します。それぞれの違いは何?というところから、ダイエットと代謝の関係についても確認してきましょう。
ダイエットに深くかかわる『基礎代謝』を上げるためにはどんな方法が一番効率が良いのかについて確認しておきましょう。もちろん、体だけではなく顔のダイエットにも効果的な方法になっています。

反対にサラサラな汗の場合は、体の熱を放出し体温を下げるために最低限の水分のみが失われますので、基礎代謝の機能が低下しにくい良い汗ということになるのです。汗は本来体の熱を水分として放出し体温を下げるためにかくわけですから、ミネラルを排出する必要はありません。

この汗の質の違いは普段汗をかくかかかないかによって大きく左右され、普段あまり汗をかかないと汗腺の機能が正常に働かないため、体は必要なミネラルも一緒に排出してしまいます。しかしフェイスマスクをして毎日汗をかく癖をつけることによって汗腺は頻繁に機能することになるため、ミネラルを含んでいないサラサラな汗が出やすくなるというわけです。

例えばいつも汗をかかないのにたまたまサウナに入って急激に体が温められたとしても、一時的に表面の温度が上がるだけなので体は「なんか熱くなってきたな、とりあえず何でもいいからとにかく汗をかいて熱を放出せねば!」と判断し、ミネラルも汗となって排出してしまいます。要するに汗をかくことに慣れておらず、正しい対応ができないんですね。

しかしフェイスマスクなどにより普段から汗をかく習慣をつければ、サラサラで不要な水分のみを排出するという本来の機能を持った良い汗をかくことができます。つまり汗をかくことに体が慣れればいいんです。

汗をかいても根本的に痩せるわけではない

汗は前述したように体の熱を放出するためにかくわけですから、汗をかくこと自体にダイエット効果などはありません。もちろん失われた顔の水分についてはその分だけ一時的に体積は小さくなりますが、それは再度水分を補給すれば元に戻ってしまいます。

よく『汗をかいて脂肪を燃焼!』などという文言を見ることもあるでしょうが、汗をかいても脂肪が燃焼されて減ることはありませんので、冒頭に記述したように汗をかいた箇所が根本的に痩せるということにはならないのです。

POINTしかし、フェイスマスクによって血行の改善によるむくみの解消と基礎代謝能力の向上は期待できますので、間接的には顔痩せ効果があると言って良いでしょう。

100均のシリコンマスクとかでも大丈夫?選ぶ際に注目したいポイント

実際にどんなフェイスマスクを選べば良いのかということについてですが、ネットで検索してもたくさんの種類がありあすぎて購入する時に悩んでしまうと思います。ではどんなものを選ぶと良いのでしょうか?

ダイソーの『スケキヨマスク』なんてどう?

まず身近なものとしては、ダイソーなどの100均にあるシリコンマスクが思い浮かぶのではないでしょうか?なにやら巷では『スケキヨマスク』なんていう呼ばれ方をしているようですね。

ダイソーのスケキヨマスク

どういった理由で顔痩せできるのかを知ったところで、自分には確実に効果があるのか、実感できるのかもわからないのに高額なフェイスマスクを買うのも気が引けますよね。

それであればまず100均のシリコンマスクから使ってみるのも良いと思います。シリコンですから通気性はありませんし、装着していれば間違いなく汗をかくことになるでしょう。それにちゃんと耳かけもついていて、ズレ防止対策にも気配りがされています。

汗をかく癖をつける、血行の改善を試みるのであれば100均の商品でも効果には全く遜色はないと思いますので、選択肢としてはアリです。

ゲルマニウム配合のフェイスマスク?

ネットで検索するとよく見かけるのが『ゲルマニウム配合』のフェイスマスクです。

ゲルマニウム配合フェイスマスク

このゲルマニウムには毒素の排出や血液をサラサラにできるという効果があるとされており、血液がサラサラになれば血流が良くなるため血行の改善に更なる効果が期待できそうです。

なぜゲルマニウムで血液がサラサラに?

血液をサラサラにできる根拠は、簡単に言うと通常健康な人の体は弱アルカリ性(-)ですが、食生活やストレスによって赤血球はトゲのあるウニのような形に変化し、赤血球同士がくっつきます。そうなると血液がドロドロになり、体が弱アルカリ性を保つことができなくなるため酸性(+)体質になってしまいます。

しかし温度の上がったゲルマニウムはマイナス(-)の電子を放出するため、プラス(+)の体質を中和し血液をサラサラにする効果がある、ということだそうです。

『だそうです』など曖昧な表現をしましたが、実はこれらのゲルマニウムによる効果は科学的根拠がはっきりしていないようで、あくまでもメーカーの実験や使用者の体感などに基づくものです。つまり必ずそういった効果があるとは限りませんので、ゲルマニウム配合のフェイスマスクだからといって必ず血行改善に大きな効果があるということではありません。

ただ、実験結果では体にさまざまな良い効果をもたらしているという情報も多いため、これを信じるかどうかについてはみなさんの見解次第かと思います。こうしたことから100均でも遜色ないかな?と考えました。

フェイスマスクの効果有無について解説してきましたが、血行の改善と汗をかく癖をつけることによる汗腺機能の改善は確実に見込めるでしょう。まずは100均のものからでも試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大