【自分で治そう】諦めないで!エラが張っているのは骨格のせいだけじゃないよ

顔が大きく見える原因として『エラが張っている』ということが挙げられます。これはちょっと気になるというよりも、もはやコンプレックスとして悩みを抱えている人の方が多いかもしれません。

でもいくらコンプレックスに思っていても生まれつきの骨格だし美容整形なんかできないし…なんとかして自分でこのエラをなくし、小顔になることはできないの?と思っても、そうそう簡単に解消できるもんじゃありませんよね。そう考えるとやっぱり整形か諦めるしか選択肢がないという結論に至るのではないでしょうか。

エラの張った女性

でもちょっと待ってください、諦めるのはまだ早いですよ!なぜならばエラの張りって自分である程度は目立たないように解消することができるんです。もちろん誰もが必ずというわけではありませんが、人によってはエラを治せる可能性があり、より小顔に近づけるかもしれないということです。

もし自分で治せたり少しでもエラを小さくできたら今までエラを隠すようにしかセットできなかった髪形を変えてみたり、何よりあなたの自分に対するコンプレックスが解消され、今までよりも自信が湧き出てくるかもしれません。それによって性格も明るくなったりしたらかなり儲けものですよね。

ということでエラが張る原因や自分でできる治し方についてを詳しく解説していきますので、エラが気になっている人は是非目を通してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大

エラが張っているとどう見える?

まずはじめに、エラが張っていると周りからはどのような印象に見られるのか?ということについてです。

おそらくエラの張った人を見たことくらいはあるでしょうからその見たまんまの印象ということになりますが、具体的には下記のようなイメージとなります。

  • 顔が大きい(小顔に見えない)
  • 顔の幅がある
  • ゴツい
  • たくましい
  • 強そう
  • 男っぽい
  • 美人なのにもったいない

もしこれを見ているあなたがとてもコンプレックスを抱いており、ずっと気にして困っているのであれば大変失礼な表現ではありますが、隠してもしょうがないのでハッキリと記述しました。実際にエラが張っている人を見るとこういった印象になってしまうのが事実なんです。

余談になりますが頬骨の出っ張りについても同じような印象を受けやすくなります。もし頬骨の出っ張りを気にしている場合は別途参考記事を確認してみてくださいね。

どんなに顔が小さくても、頬骨が出ているとゴツゴツした印象になり小顔とはかけ離れたイメージになってしまいます。気になる場合は頬骨が出ている原因を知り、自分で引っ込めるための骨格矯正方法を試してスマートな輪郭を目指してみましょう。諦めるのはまだ早い!

特に『美人なのにもったいない』ということに関しては本当にもったいないと思うことがしばしばあります。

目や鼻・口など各パーツが整っていて、顔自体は面積も小さくてかわいらしい・美しいと思うのに、例えばちょっと風が吹いて髪の毛がなびきエラの部分が見えてしまった時なんかは、まさにもったいないなという気持ちになってしまいます。実際は顔の面積が小さくて小顔なのに、やはり形がホームベース型だとどうしても小顔には見えないので、せっかくの美人顔も半減してしまうんですよね。

別に文句を言いたいわけではなく、実際にこう見えちゃうというのが事実です。

暗~い印象に見られることも

それにエラを気にしている人のほとんどが髪の毛でその部分を隠してしまう傾向にあります。もちろんコンプレックスなことなので見られたくないという気持ちが出ても当然のことだと思います。でも常にエラを隠すような髪型をしていると頬のあたりを隠すようなヘアスタイルになってしまいますので、なんだか暗い印象に見えてしまうこともあるんです。それに『エラを隠している』という引け目から、表情が暗くなってしまいます。

髪型により表情が暗く見える女性

前髪も横の髪も全て束ねて後ろに結っている人を見るとどう思いますか?なんかアクティブで活発、明るいという印象に見えますよね。逆に顔へ覆いかぶせるような髪型をしていると保守的な感じがすると思います。

別に活発だから良い、保守的だから悪いということではありませんが、やはり美しい女性は明るいイメージが強いですよね。エラの張りによってそういった印象の差も出てしまうんです。

エラが張っている本当の原因は、骨格よりも筋肉という場合がある

エラが張る原因って何だろう?って考えたことがあるでしょうか。原因も何も『生まれ持った骨格の形状』くらいにしか認識していないと思います。でも全員が先天性の骨格によってエラが張っているわけではないんですよ。

骨格は何ともなくても咬筋によって立派なエラができる

咬筋とは歯を食いしばったり物を噛んだ時に使用する筋肉であり、その咬筋が原因でエラが張っているという人も多々いらっしゃるようですね。

咬筋の場所

それはもう『筋肉が盛り上がってエラがさらに増長している』なんてレベルではなく、骨格自体は全くエラが張っていないのに咬筋の盛り上がりだけが原因で、立派なエラそのものができているというほどの場合もあります。

冒頭にエラを治せる『可能性がある』と記述しましたが、これは咬筋によってエラができている人は治しやすいですよという意味です。骨格が原因とばかり思いがちなエラですが、実は咬筋が原因という場合もあるので自分はどちらなのかを確認してみましょう。

骨格か咬筋か、どちらがエラの原因かを判断してみよう

判断方法は簡単、耳たぶのすぐ下に尖った骨の出っ張りを確認することができると思いますが、正面から見てその骨の部分がまさに自分のエラの部分(一番外側)だという場合は残念ながら骨格によるエラです。

しかしその骨よりも外側に筋肉の盛り上がりが確認できるのであれば、それは咬筋によるエラということになります。その場合は今よりももっとエラの幅を狭めることが期待できるので、エラを小さくできるタイプと判断して良いでしょう。

左右非対称なエラの場合は関節が歪んでいる可能性も

もしエラの張りが左右非対称の場合は、骨格や咬筋うんぬんではなく関節の歪みによるエラという場合もあります。

頭蓋骨とアゴの骨は耳の前で連結されていますが、もしその関節部分がずれていると片方だけが出っ張ったような形になり、左右非対称でアンバランスなエラを発生させる場合があります。その場合についても歪みを矯正することによりエラを目立たなくすることが可能です。

なぜ咬筋が発達しちゃうの?

ではなぜ咬筋が発達してしまうのか。咬筋は使えば使うほど筋肉が肥大化していきますが、その原因としては普段の食生活が大きく影響している場合がほとんどです。

主に硬い肉など筋力を使う物の食べ過ぎや、癖により噛むときの力が強すぎるということが原因で咬筋が過剰に発達していきます。

硬い肉を食べる女性

例えばガムを常に噛んでいるような人は強く噛む癖があると、それだけでも咬筋はどんどん肥大化していくことになりますね。ずっと強く噛み続けていると体はもっと筋肉が必要だと判断し、筋トレと同様の効果が出てしまうわけです。

ガムを噛むことは顔痩せ効果もありますが過剰に噛みすぎるとエラの原因になるので注意してくださいね。

※参考記事

『ガムを噛むと小顔になる』って聞いたことがありませんか?でも同時に『エラが張る』と言われている顔のダイエット法でもあります。このガムを噛む顔痩せ方法は効果的なのか、エラが張るからやめた方がいいのか、その真相を確かめてみましょう。

他にも歯ぎしり癖があると寝ている間知らず知らずのうちに歯を強く食いしばっている可能性もあります。

こうした原因により咬筋はどんどん発達していくことになるのです。

自分でできるエラの張りを解消するための方法は?

ではそのエラを解消するにはどうすればいいのかを確認してみましょう。ここでは自分でできる簡単な解消方法を紹介していきます。

咬筋をほぐそう

まずはその盛り上がった咬筋をなんとかしないといけませんね。要は少しでも小さくすることができればエラは小さく目立たなくなります。方法としてはそんなに小難しいようなことではありませんので安心してください。

やり方としては、指の腹を使ってエラの部分をマッサージしてあげるだけです。特にどれくらいということもありませんが、思いついた時にグルグルと円を描くようなイメージでマッサージしてみましょう。(さすがに1日中やるのはダメですよ!)常に強く噛む癖がある人は咬筋が凝っていることが多いため、筋肉をリラックスさせてあげる必要があるんです。

筋肉が凝っているということは硬くなっているということなので、それが出っ張りに見えてエラが張っているということになります。少しでも凝り固まった筋肉をほぐして緩めてあげることができれば出っ張りが抑制されエラを小さくすることができます。原理的には簡単ですがもちろんやってすぐに治るというわけではありませんので、マッサージはしばらくの間ちゃんと継続してくださいね。

他にはコロコロローラーなども使ってみると良いかもしれません。

顔痩せマッサージに使う100均のコロコロローラーが販売されていますが、よく見る高級『リファ』シリーズなどの高額商品とはどう違うのか、そしてその小顔効果に違いはあるのか、ということについて解説しています。

予防として、硬いものの食べ過ぎを控える

原因となる強く噛むという行為をやめれば咬筋も少しずつ緩んでいきますので、普段の食事における噛み方や硬いものを食べ過ぎないという意識を常に持つことが予防になります。

だからと言って噛む回数を減らそうとか一気に飲み込んでなどということではないので注意してくださいね。ちゃんと噛まずに飲むと消化不良などを起こしますので、そんなに極端に考えなくても大丈夫です。

食べるときのちょっとした心掛けとして意識しておきましょうということです。

左右非対称タイプのエラは噛み癖を治せば矯正されていく

既に記述したとおり左右非対称なエラの場合は関節の歪みが原因です。アゴの歪みは噛み癖の片寄りによって発症しますので、ガムを噛む時や食事の際に片方だけで噛むという癖がある場合はすぐにやめましょう。

両方の奥歯に均等な力が掛かるよう、口の中にあるものを左右に分配して噛めば歪みも徐々に矯正されていきます。

このように、咬筋が原因のエラであればちょっとしたことの継続によってエラを解消できる可能性があり、予防することもできます。「生まれつきだから絶対に治らない!」と諦めずに、これらの方法を実践して小顔を目指していきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大