ペットボトルを使って効果的に顔痩せ!小顔に近づく簡単な方法

顔痩せするためには手だけを使ったりダイエット器具を使ったりと多種多様な方法がありますが、あなたはどの方法が自分に合っていると思いますか?

効果があると評判のダイエット器具が欲しいと思っても金銭的な面で買えないという場合もあるでしょうが、器具にお金をかけたからといって必ずしも痩せやすいとは限りません。逆にお金のかからない方法でも十分な効果を発揮する顔痩せ方法だってたくさんあります。

そこで今回は家にあるようなもので簡単にできる顔痩せ方法を紹介していきたいと思いますが、そこで使うものとは『ペットボトル』です。ペットボトルであればだいたい家にあることも多いですし、顔痩せのためにわざわざ買ったとしてもわずか100円ほどで買えちゃいますよね!これならタダ同然と言っても過言ではありません。

ペットボトルで顔痩せをする女性

ペットボトルで顔痩せといえばなんとなく使い方は予想できるかもしれませんが、ちゃんとしたやり方も気にせず自己流でただやっているとちょっとマズいことになる可能性もあります。注意点に留意しながら効果的に顔痩せをして小顔を目指していきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

ペットボトルをただ咥えればOK!・・・ではない

お察しのとおりペットボトルは口に咥えて顔痩せを行うものであり、口周りから頬やアゴにかけての筋力トレーニング効果を狙う方法です。

ペットボトル同様口に咥えて使う『PAO(パオ)』のような顔痩せ用の器具と同じような効果を期待できます。もちろん、メーカーによって筋肉への効果や動きを緻密に計算され、時間と手間をかけて作られたPAOとタダ同然のペットボトルで100%全く同じ小顔効果が得られるということではありません。

しかしこんな安いペットボトルだけでも限りなく似たような効果を得られることにはなるということです。とは言うものの、前述したようにただ単に口に咥えていれば良いというわけではありません。

やり方を間違えると大変なことに

まず、やり方を間違えると歯が大変なことになる場合があります。詳しいやり方を説明する前にあらかじめやってはいけないことをお伝えしておきます。

それは『ペットボトルを歯で咥える』ということです。ペットボトルを歯で咥えると上の前歯は内側から外側に押されることになるので出っ歯の原因になってしまいます。詳細なやり方についてはこれから解説しますが、特に水を入れて重量が増したペットボトルを使用する際は絶対に歯で咥えないでくださいね。小顔になれても出っ歯は…嫌だと思います。

出っ歯について気になる人は別途記事もどうぞ。

出っ歯のコンプレックスを抱えている人は数えきれないほどいるでしょうが、諦めている人がほとんどだと思います。でもその出っ歯を放っておくとさらに悪化していく原因になるかもしれません。自力で治せる?予防方法は?気になる人はチェックしておきましょう。

ペットボトルを使った正しい顔痩せ方法を2つ紹介

では前述したやってはいけないことをふまえながら、実際にペットボトルを使った顔痩せ方法を行ってみましょう。今回は2通りの方法を紹介したいと思いますが、どちらの方法が確実に顔痩せできるということもありませんので自分の好きな方法で結構です。

どんなペットボトルを用意するといい?

実際に使用するペットボトルはとりあえず2種類用意しておけばOKです。やり方によって使うものは違いますので、まずはどちらの方法も試してみてから自分の好きな方法を選ぶとよいでしょう。

①よく水などが入っている柔らかいペットボトル(500ml)

ミネラルウォーターなどが入っているペットボトルで柔らかいものがあるのをご存知かと思います。片手でも簡単にグシャッと潰れちゃうもので、とにかく柔らかいですね。コンビニやスーパーなどどこでも売っていますので、買う時に感触を確かめて購入してみてください。水が入っている状態でも簡単にへこむのでわかりやすいと思います。

やわらかいペットボトル

内容量は500ml程度のものを選びましょう。

②通常のペットボトル(500ml)

こちらは柔らかくない普通のペットボトルです。コーラでもお茶でもスポーツドリンクでも硬めのものであれば何でも大丈夫です。こちらについても内容量は500ml程度のもので十分です。

硬いペットボトル

ペットボトルを使った顔痩せ方法はこれらどちらかのペットボトルを使うことになりますので、あらかじめ2種類準備しておくのがおすすめです。

やり方その1 ペットボトルを膨らませたりへこませたり

最初に紹介するやり方は、ペットボトルを口に咥えた状態で息を吸ったり吐いたりしてペットボトルを膨らませたりへこませたりする方法です。

ここで使うのが上記①に記載している柔らかいペットボトルです。硬いペットボトルではいくら息を吸ったり吐いたりしてもへこませるのは難しいですからね。もしできたら相当の強者だと思います。

別にクシャッとへこませなければ効果がないということではないのですが、柔らかいペットボトルを使った方が力加減がわかりやすくなります。

では実際のやり方について。

①ペットボトルを唇で咥え、頬の筋力を使って空気を吸い込みへこませる。

②ペットボトルが完全にへこんで潰れたらまた頬の筋力を使いながら息を吐き、元の形状に戻す。

③最初は1日5回程度から行い、慣れてきたら回数を増やしていく。

ポイントは必ず頬の筋力を使って行うというところですね。肺活量だけでペットボトルを膨らませたりへこませたりしても全く効果は得られません。ちゃんと筋力を使って行っていると続けているうちにだんだん疲れてくるはずなので、とにかく口周りの筋肉を意識しながら行ってください。

頬の筋力を使っていても全く疲れないようであれば、5回などとこだわらずにもっと回数を増やしてみましょう。

一応、参考動画もご覧になってください。

やり方その2 水を入れて咥えてみよう

もうひとつのやり方としては、ペットボトルに水を入れて咥えるという方法になります。この時使用するものは硬めのペットボトルの方がいいですね。

①ペットボトルに水を5分の1程度入れる。

②下を向いた状態で咥える。

③顔を起こし、10秒程度キープする。※水を多く入れれば顔を起こさなくても下を向いたまま咥え、10秒程度キープするだけでも効果アリ。

④最初は1日10回程度から行い、慣れてきたら水の量を増やしていく。

硬いペットボトルの方が良いという理由は、柔らかいものを使用すると付け根部分が弱く、持ち上げる動作を繰り返していくうちに飲み口部分のすぐ下が潰れて折れ曲がってしまうからですね。硬いものを使っていればまずそうなることはありませんので大丈夫です。

水の量を慣れとともに増やし、自分に合った重さでできるのがこの方法の良いところですね。こちらも口周りが疲れてくるはずなので丁度いい重さを調節してみてください。やり方その1と同様に、全く疲れないようであれば重くしたりキープする時間を増やし、筋肉に負荷がかかるようにしましょう。

繰り返しになりますが、どちらの方法をやるにしてもかならず唇を使って頬の筋力のみで咥えるようにしてくださいね。歯では絶対に咥えないように注意してください。

顔痩せ以外にも嬉しい効果が

これらの方法は口周りから頬にかけての筋肉へ負荷をかけるので、トレーニング効果が発生し小顔につながります。また、むくみ予防などにも効果を発揮してくれるので、むくみやすいという人も日頃からやっておくといいかもしれません。

筋肉を使うことにより顔の血流も良くなるので新陳代謝が促進され、顔痩せだけではなく美肌効果も生むという一石二鳥の方法になります。小ジワが気になったりほうれい線が気になる人にとっても効果的ということですね。顔の血行を良くすることでさまざまなメリットが発生してきます。

こういったトレーニング方法は即時効果が出るというわけではないためどうしても飽きてやめてしまうケースが多いようです。しかしせっかく始めたことであれば途中でやめるのは非常にもったいないことですよ。続けていれば必ず効果は表れるのに、それまでが我慢できずに投げ出すのであれば最初からやらない方がマシです。

本サイトでは何度も繰り返し伝えていますが、何事も継続なくして効果はでませんので毎日ちょっとずつでも続けることを意識して頑張ってみましょう。継続こそが美しくなるために最も大切なことだということを絶対に忘れないでくださいね!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大