表情筋トレーニングで小顔に!いつでも簡単にできる手軽な顔痩せ方法

顔のダイエットについて調べたことのある人はなにかと『表情筋』という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、その表情筋は小顔・顔痩せにとても密接なつながりがあり、顔のダイエットをするためには欠かせない大事な要素です。

今回はその表情筋についての知識と、エクササイズを行い鍛えることによってどのような効果が期待できるのかをご介していきます。

表情筋トレーニングをする女性

スポンサーリンク
レクタングル大

知っているようで意外に知らない、表情筋についての知識

おそらく皆さんが表情筋と言われてざっくり思い浮かぶのが、その名のとおり顔を動かすための筋肉といったところでしょうか。もちろんそれは正解ですが、正しい知識を手に入れて小顔を目指すためには、もう少し細かいところまで知っておきましょう。

まず表情筋は骨と骨をつなぐだけの筋肉ではなく、皮膚にもつながっている非常に細かい筋肉の集まりです。例えば腕や足の主要な筋肉は骨同士をつないでおり、筋肉の収縮によって大まかに体を動かすことができます。

しかし顔は表情を造り出す必要があるため、いくつもの細かい筋肉が皮膚にもつながっている複雑な構造をしています。この表情筋がたるんでくると顔の締まりが無くなり、老け顔に見えてしまったり目や頬のたるみにつながります。

普段の表情筋の使用率ってどれくらい?

私たちは何をするにも表情を変えて常に表情筋を使って生活しているように思えますが、何も意識せずにいるときの表情筋使用率はわずか20~30%といわれています。

常にまばたきをしながら楽しければ笑い、怒る時には眉間にシワをよせたりと常時フル稼働のように感じますが、実際はそんなにも使われていないのが表情筋なのです。

なぜそんなに表情筋が使われていないのか

実はこの表情筋の使用率というのは、日本人のデータなんです。諸外国、例としてアメリカを取り上げてみますが、アメリカ人の表情筋の使用率はなんと60%というデータがあります。

えっ?なんでこんなに違うんだ!と思うかもしれませんが、世界的に見ても日本人は表情が乏しいといわれており、そういった文化の違いから出た数値の差ではないでしょうか。

考えてみてください。外国人は常に大きな身振り手振りを交えながら、目を見開いたり大げさともとれるような表情をして話をすることがよくあります。映画などを見るとかなり顕著に表れていますね。

オーバーリアクションな女性

もちろん、だからと言って外国人が全員小顔なわけではありませんが、とにかく我々日本人は外国人に比べて表情筋を使う時が少ない人種であるということを覚えておきましょう。しかし逆に言えばトレーニングによってまだまだこれから顔痩せできる幅があると思えば、少しやる気が出てきませんか?

表情筋にはたくさんの名前・種類と役割がありますが、ここでズラズラと述べたところでどうしようもないので省略させていただきます。要はどうすればいいのか?ということをメインに説明していきます。それでは早速表情筋トレーニングで顔ダイエット!

表情筋エクササイズの具体的なやり方

まずは準備運動から始めましょう。普段あまり使っていないところを鍛えていくわけですから、急に全力で過大な負荷をかけると痛みを伴う場合もあります。まずは全体をほぐすつもりで準備運動をしていきます。

思いつく限りの変顔を軽くやってみよう

皆さんは最近、変顔なんてしたことがありますか?高校生くらいまでなら変顔でプリクラや写メを…なんて機会も多いかもしれませんが、大人になってからはなかなかないはずです。変顔って結構表情筋をフルに働かせることができます。

100%力を入れなくても結構ですので、70%くらいの勢いでパッパッと思いつく限りの変顔をしていきましょう。この時、表面だけでなく目や舌も一緒に動かすようにすると全体的にほぐれます。ちなみに公衆の場でやると変な目で見られますので注意が必要です。

この時点で既に顔が疲れたと思う方もいらっしゃるはず。そんなあなたはもしかしたら、いつも表情が乏しいのかもしれませんよ!

その後は指でやさしく顔全体をマッサージすれば準備OKです。

誰もが気になるほっぺのエクササイズ方法 脱・ブルドッグ!

顔痩せと聞いて一番に思い浮かぶのがほっぺの肉です。頬肉が付いていると顔全体が丸く見えてしまいますので、誰もが一番痩せたいと思うのがこの頬なのではないでしょうか。この肉が付いた状態で年をとっていくと、まるでブルドッグのようにたるんだだらしない顔になってしまいます。老けて見られる原因にもなってしまいますよ!

頬肉のたるんだブルドッグ

この頬肉をとるエクササイズはとても簡単です。

①まずは口の中いっぱいに空気を入れ、風船のようにほっぺをパンパンに膨らませる。その状態で5秒キープ。
②空気を抜かないまま片方のほっぺだけに口の中の空気を移動させる。その状態で5秒キープ。
③空気を反対側のほっぺに移して更に5秒キープ。

たったこれだけの動作を1日3~5回繰り返すだけで頬の筋肉が鍛えられ、徐々にシャキッとした締まりのあるほっぺになりますよ。結構疲れますので、「効いてるなぁ~」と実感できるかと思います。

頬肉が無くなると顎のラインもシャープになるので全体的なシルエットがほっそりとし、頬肉は小顔になったという実感を最も得られやすい箇所だと思います。

目元をスッキリさせて目力アップ!腫れぼったいまぶたもサヨナラ

目元は人の印象を左右する大事なところです。腫れぼったくて眠そうなまぶたの人を見ると、暗い印象だったり、目つきが悪いと思われてしまったりとロクな印象を持たれません。もともと日本人はまぶたの脂肪が多いので、これがたるんでしまうとやっかいなのです。

パッチリとした吸い込まれるような目元の人の方がどう考えても魅力的で、表情のある社交的な印象に感じますよね。目元にもいくつもの表情筋がありますので、もちろんエクササイズによって引き締めることができますよ!

①目を軽く閉じた後まぶたに力を入れながら更にギュッと力を入れて閉じ、その状態を5秒キープ。
②力を抜きながら目を開けていき、眉毛を上に上げるようにしながらパッ!と目を見開き、5秒キープした後に戻す。

これにより目の周り全体の筋肉を鍛えることができます。次に上まぶたに特化したエクササイズ方法をご紹介します。

①人刺し指から薬指までの三本指で眉毛を上に押し上げ、これ以上眉毛が上がらずまぶたが伸びない!という状態で5秒キープ。※この時目玉を上下左右に動かすと目の周りに刺激を与え、効果的です。
②まぶしい時のように目を細め、眉間にギューッと力を入れてパッと力を抜く。

たったこれだけです。これらを1日5回ずつ行い続けて行けば目の周りにある表情筋が鍛えられ、目元が徐々にスッキリしていきます。こうして腫れぼったいまぶたとおさらばしましょう。

また、目が小さく見える目尻の下がりにも効果的ですのでおすすめですよ。

※参考記事

目尻が下がっていると目が小さく・細く見え、不機嫌そうに見られたり老けて見られたりしやすくなりますが、それはもしかしたらあなた自身の行動が招いた結果かもしれません。目尻の上がった魅力的な目を維持するためにもしっかりと対策をしておきましょう。

強敵、二重アゴを撃退せよ!

二重アゴと言えば下を向いた時にすぐにバレてしまうタプタプの邪魔な肉です。余計な肉が無くなれば輪郭が浮き出てスマートな小顔になれるのに…!でもこれがなかなか無くならないんですよね。次は二重アゴのダイエットに効果的な表情筋トレーニングにつてです。

①口を横に広げていき、下唇を下に向かって下げていく。※「イー」と口を大げさに使い声を出しながらやると分かりやすいですが、徐々に首の筋が浮き出てきます。その状態を5秒キープして戻す。
②斜め上を見るように顔を上げ、舌を天井に向かって出していく。※この時「アー」と口を開けず、舌と唇に隙間がない状態で舌を出しましょう。その状態を5秒キープして戻す。

こちらもやってみるとわかりますが、結構効きます。首の筋はたまにつることもありますので、急激に無理なトレーニングは避けましょう。慣れないうちは少しずつ、力を入れ過ぎないように注意してください。

表情筋トレーニングをした女性

疲れるということは確実に表情筋へ負荷がかかっており、継続すれば引き締め効果が得られます。例えばこの表情筋エクササイズを1~2日だけやって効果が出ないからと言って、すぐに止めてしまっては何の意味もありません。

それに自分は毎日顔を眺めているのですから、効果に気付きにくいだけということも多々あります。でも他の人から「あれ?少し痩せた?」なんて言われたら確実に効果が出ている証拠です。あきらめずに頑張りましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大