冷え性が顔のむくみの原因に?関係性と対処方法を徹底解説!

スポンサーリンク
レクタングル大

冷え性を改善し、むくみを解消する方法は?

冷えたのであれば温めればいいじゃん!というのは誰もが考える発想です。もちろんそれは正解ですが、肝心なのはその『温め方』ですね。そして冷えないようにするための予防方法も大事なポイントとなってきます。

となるとストーブにあたったり靴下を履いたりすればいいのでは…?なんて考えがちですが、その程度では根本的な冷え性を改善する方法とは言えないんです。

体の表面を温めて冷え性が治る!・・・は誤解

まずはじめに知っておいていただきたいのが『体の表面だけを温めても冷え性は改善しない』ということです。手足が冷たくなることも多いので一見皮膚の表面が冷たくなっているように感じますが、冷え性の場合は体の内部まで冷えています。だからなかなか改善せずに長く続いてしまう場合が多いんです。数時間ですぐに治るようなものは冷え性とまでは呼べず、一時的に何らかの理由により冷えているだけかもしれませんね。

よって、冷え性の場合は体の内部から温める必要があります。

まずは運動を心掛けよう

内部から温めるための方法として、適度な運動をして筋肉量を増やす必要があります。前述したように筋肉には熱を生み出す機能があるので、筋肉量が多ければ多いほど熱を発生させる力も多いということです。

他にもリンパ機能を活発に働かせるためにもある程度の筋肉が必要ですし、リンパ液が循環しやすいようポンプの役割になる筋肉を付けることが好ましいですね。

運動をする女性

また、運動することにより血液が全身に強くいきわたり、その都度毛細血管が増えていくことにもなります。すると体のすみずみまで毛細血管が網羅され、血液を運ぶための道がどんどんできていきます。

わざわざジムにでも入会してハードなトレーニングをするほどの必要はありませんが、ウォーキングやランニング、自宅での簡単な筋トレ程度の運動はしておくべきでしょう。特にウォーキングには顔痩せ効果もあるので日課に取り入れてみては?

※参考記事

元々顔の脂肪が多い人にとって、顔痩せするためは長い時間がかかり効果を実感しづらいものです。しかし意外にもウォーキングによって顔のダイエット効率を上げることができます。その理由や方法を覚え、明日から早速小顔に向けて歩いてみませんか?

体を中から温める『ニンニク・生姜』を食べる

体の表面を温めたところで冷え性は改善しませんが、体の中から温めるようにすれば根本的な改善が見込めます。

そのためにはどうすればいいのか、それは食べ物によって体内の状態を変えてあげるのもひとつの手です。特に生姜やニンニクには体を温める効果のある成分が多く含まれていということが昔から知られています。寒い時に飲む生姜湯などは代表的ですよね。

ニンニクの強力なパワー

まずはニンニクに含まれる成分ですが、『アリイン』という成分が血液をサラサラにしてくれる効果があるうえ、抗血栓作用(血管のつまりを抑制する作用)もあるので結構の改善が期待できます。

抗血栓作用のある食べ物は他にもたくさんありますが、ニンニクにはさらに『スコルジニン』という成分も含まれており血管を拡張するはたらきをしてくれます。つまり血行を良くするために一石二鳥の活躍をしてくれるからニンニクが最適なんです。

ワンポイント直接固形のものを食べるのが苦手であればすりおろしニンニクを料理に入れて食べる方法をおすすめしますが、それでもやっぱりにおいはちょっと気になっちゃいますよね。

そんな時には加熱してからすり下ろす・切るなどの調理をするとにおいがかなり薄まります。それでも気になる場合はニンニクを食べた後にリンゴ・お茶などの消臭成分のあるものを摂取するといいですよ。また、牛乳に含まれる脂質などにはにおい成分を包み込む効果もあるので試してみてください。

それでもダメならブレスケア!

生姜は加熱か乾燥させたものを摂取しよう

もうひとつ、冷え性対策としておすすめの食べ物は生姜です。生姜には『ジンゲロール』と『ショウガオール』という成分が含まれていますが、まずジンゲロールには血管を拡張し体の内部から末端に向けて熱を送るはたらきがあります。

しかしそれでは一時的に末端部分は温まりますが逆に熱を送った方の内部が冷えてしまうので、内部に熱をつくりだす役割があるショウガオールを多く摂取する必要があります。と言ってもどうやって成分の調整なんかするの?という疑問が湧くと思います。

方法は簡単、100℃以下で加熱するか乾燥させればジンゲロールはショウガオールに変化します。たったそれだけのことでショウガオールの含有量は数百倍にもなるので、ただのおろし生姜を摂取するよりも調理したり効率よく冷え性対策をすることができます。
※加熱の場合は冷えると再度ジンゲロールに戻ってしまうので、熱いうちに食べること。

まさに生姜湯なんてものは理想的で、体を芯から温めるための効率的な摂取方法ですね。スーパーなどどこにでも売っていますし、摂取方法も手軽で楽なのでおすすめですよ。

生姜湯を飲む女性

ちなみに乾燥させる場合はは薄くスライスして1~2日程度室内もしくは天日干しをすればOKです。また、ジンジャースライスやジンジャーパウダーなんてものも多数販売されていますので、手っ取り早く摂取したい場合は購入してみるのもいいでしょう。ネットでもたくさん販売されていますので探してみてくださいね。

シャワーだけじゃなく、しっかり入浴する習慣を

特に若い人は湯船にお湯を張らず、シャワーだけで済ませている人が多いようです。面倒だったり時間がなかったり節約のためだったり、または夏だから寒くないからなど理由はさまざまでしょうが・・・

しかしそれでは体を長時間内部まで温める機会が少ないので、冷え性が長引く原因になる場合があります。シャワーのお湯だけでは表面を一時的に温めるだけなので根本的な改善にはなりません。しっかりとお湯につかることで内部の血管も広がって全身の血行が良くなり、体全体が温まるんです。

冷え性が気になる人はできるだけお風呂に浸かる習慣をつけてみましょう。

湯船に浸かる女性

タバコを吸う人は『禁煙』すべし!

タバコを吸うと血管を収縮させるので、著しく血行を阻害してしまいます。これもやはり冷え性の原因となりむくみを誘発するきっかけになるので、禁煙か最低でも数本数を減らす努力をしてみてはいかがでしょうか?

ということで、いろいろと顔のむくみを取ろうと頑張ってみてもなかなか改善しないという場合はもしかしたら冷え性が原因かもしれません。くどいほど説明してしまいましたが冷え性は『血行を良くする』ことがとにかく大事なので、ここまで紹介した方法をぜひお試しあれ。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大