笑うと頬肉が丸く盛り上がる原因とその治し方を徹底解説!

ニコッ!と楽しそうによく笑う女性の笑顔は素敵ですよね。無表情でいるよりも明るく社交的に見え、そんな人の周りには自然に人も集まってきます。

笑うと頬肉が盛り上がる女性

でもこの記事にたどり着いたあなたはもしかしたらそうやって笑うことすらためらっているのではないでしょうか?

笑うと目の下がグッと盛り上がって丸くなり、まるでアンパンマンのように見える頬肉が気になるということですよね。芸能人で言えばウッチャンナンチャンの南原清隆さんや歌手の広瀬香美さんのような感じでしょうか。

そんな頬肉をコンプレックスに思い自分の笑顔が嫌だと思っている人もたくさんいるようですが、それではせっかくの笑顔がもったいないんですよね。やっぱり何も遠慮することのない思い切った笑顔でいれるのが一番美しいと思います。

その頬肉の盛り上がりを解消するためにまずは原因を知っていただき、どうすればたこ焼きのように丸くなる頬肉を治せるのかということについて徹底的に解説していきます。

スポンサーリンク
レクタングル大

頬肉が盛り上がってるとどう見られてるんだろう?

頬肉が盛り上がっている顔について芸能人の名前を挙げてみましたが、別にどちらの方もブサイクなんて言われている人たちではありませんよね。

でもテレビとかではよく似顔絵なんかが出ると必ずと言っていいほどに頬肉の境界線が描かれています。ものまね番組などでメイクをする時もそこに線をくっきりと描いているほどですから、それがその人たちの強い特徴として完全にインプットされているということです。

頬肉の特徴をインプット

ものまねでは笑いを取るためや本人に似せるためにわざとそうするわけですが、実際に頬肉が盛り上がっている人ってどんな印象に見えるんでしょうか?

顔が大きく見える

頬肉が盛り上がることによって顔が立体的になるので、当然のことながら顔が大きく見えてしまいますよね。コンプレックスを持っているほとんどの人はこれが嫌だと思っているのではないでしょうか。

普通の時と思いっきり笑った時の頬肉の厚さ(盛り上がり具合)を比べると、約1㎝程度も違うという場合もあります。人の顔はたった数㎜の違いでもかなり印象が変わるので、笑った時に1㎝も高さが出てしまうとかなり顔が大きく見えてしまいますね。

丸顔で童顔に見える

もうひとつは、頬のあたりが丸みを帯びてしまうので顔全体が丸く見えてしまうということにもなります。

丸顔に見えるということはかわいい印象になり若く見えるというメリットがある反面、大人に見られたいという人にとっては童顔に見られるのでデメリットになることもあるでしょう。

頬肉はなぜ丸く盛り上がる?その原因とは

ではなぜ頬肉は笑うと丸く盛り上がってしまうのでしょうか?

特に他の部位が太っているというわけでもないのに頬の部分だけがぷっくりと丸くなるのにはどんな理由があるのか、いくつか原因を紹介します。

根本的に頬の脂肪が多い

まずは単純な理由になってしまいますが、もともと頬の脂肪が多いというケースがあります。これについては何かの原因があってというよりは生まれつきの特徴となり、笑うと頬が丸く盛り上がるという人は小さい頃からという場合が多いでしょう。

頬の脂肪が多ければ笑って口角が上がるとその脂肪が上に押し上げられるためプクッと盛り上がってしまうんですね。

頬肉の表情筋が凝っている

次に考えられる原因としては、頬の表情筋が凝っているという場合があります。表情筋はいつも同じ表情をしていたり特定の部位だけに力を入れていたりすると肩凝りなどと同じように凝りが発生します。

顔が凝って辛そうな女性

頬骨のあたりの表情筋は骨に付いている部分なので、凝って固まっているとそこだけ動かず笑った時に下から押し上げられ盛り上がってしまうんです。

逆に頬の表情筋が凝っておらず笑った時に顔全体の筋肉が動くようになれば、頬だけが極端に盛り上がることはあまりないということですね。

頬骨が出ている

最後は骨格の問題です。いくら顔の脂肪が少なくても、もともと頬骨が出ている場合は笑った時にも同じように肉が盛り上がったように見えてしまいます。

また、頬の脂肪が上に押し上げられるというよりは前の方にせり出してくるようなイメージになりますので、さらに立体的で目立つことになってしまうんです。

頬肉の盛り上がりを解消するためには

ここまで紹介したいろいろな原因をつぶしていくためにはどんな対策をしたらいいのかを解説していきます。

まずはできることを片っぱしからひとつずつ試していき、少しでも頬肉の盛り上がりが目立たなくなるようにしてみましょう。

まずは顔の脂肪分を落とそう!意外にもウォーキングが効果的

顔の脂肪が人よりも多いと思われる場合はその脂肪を落とす必要があります。

その方法としておすすめなのが意外にもウォーキングです。歩いて顔の脂肪が落ちる?と思うかもしれませんがその効果は大きく、他の顔痩せ方法との組み合わせにより劇的に早く顔の余分な脂肪を落とすことが可能なんです。

もちろんウォーキングのみでも顔痩せすることはできますが、顔は脳に近いためできるだけ脂肪を蓄えようとする体の働きによって体の部位の中でも最後の方に痩せていくのでそれなりの時間がかかります。

しかしそこに表情筋マッサージや造顔マッサージを併用することによってさらに早く顔痩せできるということです。

※参考ページ

即効性のある顔痩せ方法『造顔マッサージ』という方法は、すぐに効果が出やすいと評判でテレビでも話題になったマッサージ方法です。少しでも早く小顔になりたい、顔痩せをしたいという方は是非とも試してみてくださいね。
表情筋を鍛えて小顔になろう!表情筋についての知識と、お金もかからずいつでもどこでも、簡単に顔痩せをすることができるトレーニング、エクササイズやマッサージ方法をご紹介します。老け顔やたるみが気になる方にもうってつけの情報です。

ウォーキングの方法についても詳しく記載しているページリンクを貼っておきますのでぜひ確認してみてください。

元々顔の脂肪が多い人にとって、顔痩せするためは長い時間がかかり効果を実感しづらいものです。しかし意外にもウォーキングによって顔のダイエット効率を上げることができます。その理由や方法を覚え、明日から早速小顔に向けて歩いてみませんか?

顔の凝りをほぐす

顔が凝っている場合は凝り固まった表情筋をほぐし、笑った時でも顔の筋肉全体が動くようにすれば極端に頬の部分だけが盛り上がるということを防げます。

そのためには指を使って凝りをほぐすマッサージをしてあげると簡単に解消することができます。特に盛り上がりが気になる頬骨付近を重点的にしつつ、全体の筋肉もやわらげてあげるとよりほぐし効果が得られますのでやってみてください。

詳しいやり方は下記記事に記載してあります。

肩凝りと同じように、顔にも「凝り」が発生します。顔が凝っているとむくみやたるみにつながり、更には顔が大きく見えたり老け顔に見えてしまいます。顔の凝りをほぐす方法やマッサージ方法、そして予防法についても紹介しますので、是非試してみてください。

頬骨が出ている場合は自分で矯正

最後に頬骨が出ている場合についてですが、そんな生まれつきの骨格的な問題をどうにかできるの?と思っちゃいますよね。

でもご安心を。顔の骨はいくつかのパーツに分かれており、頬骨も例外ではありません。もちろん骨の形を変えるというのは整形手術でもしない限りは不可能ですが、頬骨のパーツを中に押し込むことによって出っ張りを目立たなくすることは可能です。

やり方は頬骨を両側から手を使って押し込むというものですが、その他にも頬骨が今以上に出っ張らなくするよう予防していく必要もありますので、下記記事にてしっかりとその方法について確認したうえで矯正を実行してみましょう。

頬骨が出ているとゴツゴツした印象になり、どんなに顔が小さくても小顔とはかけ離れたイメージになってしまいます。気になる場合は頬骨が出ている原因を知り、自分で引っ込めるための骨格矯正方法を試してスマートな輪郭を目指してみましょう。諦めるのはまだ早い!

頬肉の盛り上がりはこういった方法で少しずつ改善させることができます。どんな顔痩せ方法についても同様ですが、ある程度(最低でも数か月)は改善策を継続していくことが最も大切ですね。

すぐに効果が出ないからといってすぐに諦めてしまっては何の意味もなく、無駄な努力となってしまいます。続けてさえいれば効果はしっかりと表れてきますので、最初から時間はかかるものと思ってしっかりと取り組みましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大