整形せずに鼻を自力で小さくし、理想の形に近づける方法

あなたは自分の鼻の形をどう思っていますか?おそらくほとんどの人が「もっと小さくしたい、外国人のように高くしたい、ツンとしたカッコイイ形になりたい!」と思っているのではないでしょうか?

鼻の形のいい女性

鼻は顔の中心に位置しているためどうしても第一印象や見た目に大きな影響を与えますし、少しでも鼻にコンプレックスを持っている人は自分で鏡を見た時もその都度気になっていることだと思います。

例えば初対面で団子鼻が特徴的な人に会ったとして、後からその人のことを思い出すとその特徴的な鼻を思い出しませんか?それに外国人(アメリカ人等)のモノマネをしたり絵を描いたりする際も必ずと言っていいほど付け鼻をしてみたり鼻を高く描いたりしますよね?それほどまでに鼻は人の印象を左右するものなのです。

だからといって理想の鼻にしたい!と思っても生まれた時からの形なので美容整形するくらいしか思い付かないのが現状ではないでしょうか?そうなると費用はかかるし何よりも整形するということ自体敷居が高く、そう簡単に出来ることではありません。

でも少しなら自分の力だけで鼻の形を変えることが可能です。今回は自力で鼻を小さくし、理想の形に近づける方法について、その根拠と共に紹介していきます。

また、鼻はほんの少しずつですが歳を重ねるごとに形を変えていくのですが、その理由についても解説したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

鼻の形が少しずつ変わっていく!?その理由とは

鼻の形が変わると表現しましたが、まるで別人のように見えるほど変わるという意味ではありません。あくまでも長い時間をかけてほんの少しずつ変わっていくということです。もちろん個人差もありますし、極端に差が出ることもほとんどありません。ではなぜ形が変わるのでしょうか?

クセや習慣などによるもの

私たちはなにかとよく顔を触ります。かゆかったりムズムズしたり、または特に何でもないのにただ顔を触るクセがあるという人もいます。

鼻を触る女性

たまに周りの人をよく観察してみるとわかりますが、そのほとんどが『鼻』をいじったり触ったりしている人が多いんです。鼻はよく内部がかゆくなったり鼻水が出たりとどうしても触る機会が多いからでしょう。こすったりつまむようにギュッと押さえたりしているところをよく見かけます。

また、鼻をほじる癖がある人も多く、それによって鼻の穴が少しずつ広がっていったり上を向いていったりする場合もあります。同様に、鼻血が出やすい人でティッシュを丸めて鼻の穴に詰める人もいますが、これも鼻の穴を大きくする原因になってしまいますね。あなたにもそんな癖がありませんか?

そうやって毎日毎日ちょっとずつでも触っていくと、何年もかけて気付かないうちに鼻が徐々に変形してしまうんです。

肥満やむくみによるもの

単純に肥満やむくみによって顔が太っていくとともに、鼻にも肉が付き肥大化していきます。要するに脂肪がついた分だけ大きくなっていくわけです。

見た目的には団子鼻と言われるような鼻の形に近づいていき、人によっては「かわいい」と思う場合もありますが、残念ながらほとんどの人はこの見た目をあまりカッコいいとは思わないでしょう。

鼻は一見顔の太りやむくみの影響を受けにくそうに感じるかもしれませんが、鼻だけが特別太らないということはなく、ほっぺやアゴと同じように太っていくということを覚えておきましょう。

常に鼻が詰まりやすい、または詰まっている

アレルギー症状が多かったり体が弱くて風邪をひきやすいという人も要注意です。これらに該当するのであれば鼻が詰まることが多く、常に口呼吸の習慣がついている場合があるからです。

鼻が詰まっている女性

口呼吸になると口を開けたままの状態が維持され、口や鼻まわりの表情筋が使われなくなってしまいたるみの原因になります。常時たるんだ状態が続くと部分的に肥満やむくみの原因になりやすく、鼻の肥大化や変形につながってしまいます。

鼻が詰まっていなくても口呼吸の癖がある人は表情筋の使用率が少なく、すぐではなくとも将来的にたるんでしまう可能性があるのです。

ちなみに口呼吸がもたらす悪影響は他にもたくさんあるので、別途関連記事も確認しておいてください。

たらこ唇って『ぷるぷるで魅力的』か『分厚くて女性らしくない』か、見た目としては紙一重なところなんですよね。もし厚い唇をコンプレックスに思っているのであれば自分でもある程度の対策はできますので、その方法についてチェックしてみましょう。
出っ歯のコンプレックスを抱えている人は数えきれないほどいるでしょうが、諦めている人がほとんどだと思います。でもその出っ歯を放っておくとさらに悪化していく原因になるかもしれません。自力で治せる?予防方法は?気になる人はチェックしておきましょう。
自分で歯を白くするための方法、『重曹歯磨き』などは本当に効果があるのでしょうか?そしてどうすれば少しでも白く美しい歯になれるのか、その方法を追及してみましょう。
リップクリームを使っていても唇の荒れが改善されない場合は対策が必要です。その原因や病気の可能性、治し方についても解説しています。

自分の好きな形に変えることも可能?

鼻の形が変わる原因をいくつか解説しましたが、こうしたいくつもの原因により少しずつ鼻は変形していき、そのまま放っておくと理想の形からかけ離れていく場合もあります。ここまでの内容を見て「こんな些細なことでも鼻って変形しちゃうんだ?」と思ったでしょうが、逆に言えば自力で好きな形に近づけることも可能なんです。

本当に自分で鼻の形を変えられるのか、その根拠は?

鼻の形を自力で変えると言っても、あまりに非現実的な話と思われるかもしれません。しかし形が変わる・変えることができるということにはちゃんとした根拠があります。

まず、鼻はカチカチに硬いものではありません。鼻をいくら手で動かしてもすぐにちゃんと元の形状に戻り、弾力もあります。これは鼻のほとんどが通常の骨とは異なる”軟骨”で形成されているからです。軟骨は圧力をかけることによってその形状に変形する性質があります。

例えばあなたの周りにも症状のある人がいらっしゃるかもしれませんが、ヘルニアという病気を聞いたことがあると思います。ヘルニアは背骨の間にある軟骨が押しつぶされて変形し、その変形した軟骨が神経を刺激することによって痛みを発症する病気です。

これは軟骨が圧力によって変形するという性質があることの証明でもあります。鼻だろうと耳だろうと、軟骨は圧力によって変形させることができるのです。

もちろん少しずつ長い時間をかけてということですので、たった1日で変形!というのはさすがに無理ですが…。いずれにしても変形するという性質を利用し、次ページからの内容を参考に自分で鼻の形を整えてみましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大