男性をデートに誘うにはLINEがいい?直接会って誘ったがいい?

気になるあの人とデートに行きたい!とか遊びたいと思っても、断られたらどうしようということばかりが頭をよぎってなかなか誘えずにいる人も多いことでしょう。

デートに誘えない女性

相手が付き合っている人ならばまだしも、ただあなたが一方的に好意を抱いていると思われる場合などはなかなか勇気のいることだと思います。

少しでもOKの返事をもらう確率を上げるためにはLINEで誘えばいいのか、それとも直接会って口頭で伝えるべきかどちらがいいのか?ということについて、それぞれのメリットとデメリットをふまえながらアドバイスさせていただきます。

スポンサーリンク
レクタングル大

LINEで誘う

まずLINEで誘ってみることについて、顔を見ることもないので恥ずかしさも少なく気軽に誘えるののでいい手段ではあると思いますが、実際はどうなんでしょうか?

メリット:誘いやすい

メリットとしてはやはり『誘いやすい』ということではないでしょうか。なんせ相手と対峙することなく文章だけでデートの誘いができるんですから、これほど楽なことはありません。もちろん断られたらどうしようという思いは出てくるでしょうが、直接面と向かって伝えるよりはよっぽど声を掛けやすいのがLINEですよね。

LINE

それにいつもやりとりをしている人ならばなおさら、流れの中で自然に「そういえば来週の金曜日空いてる?一緒に〇〇行ってほしいんだけど」なんて感じで言いやすいですよね。この誘いやすさこそがLINEで伝える一番のメリットと言っていいでしょう。

デメリット:断られやすい

言いやすいメリットとは逆に、相手の男性に『断られやすい』というデメリットも存在します。なぜ断られやすいのか?ということについては二つ理由があります。

①相手も文章なので断りやすい

あなたが誘いやすいように相手の男性も文章で断ることができるわけですから要領は同じ、断る時も言いやすいわけです。後述しますが、逆に口頭で顔を見ながら断る場合はLINEなどの文章と違って罪悪感を多く感じてしまうため、ついついOKをだしてしまうということですね。

OKの返事を出す男性

ついOKをもらっても嬉しくない!と思うかもしれませんが、デートができれば相手を引き付ける大きなチャンスになります。多少無理やりな感じがしたとしても一緒にいることはそれだけ大切なことなんですよ。

②断る理由を考える時間がたっぷりある

二つ目の理由は誘いに対して断りたいと思った場合、LINEの場合は返信するまでに時間がたっぷりあるため、その間に断る理由をたくさん考えることができるから断られやすいんです。

これってすごいもったいないことで、誘いに乗ろうか乗るまいか考える程度の仲であれば前述したように多少強引にでも誘いを受けてもらったほうがチャンスを作り出すことができるからですね。

今は誰もが使っているLINEですが、便利なメリットだけではなくデメリットもあるということを覚えておきましょう。

直接会って口頭で誘う

次にLINEとはうってかわって、直接話をしてデートに誘う場合についてです。こうして誘う場合はどうなんでしょうか。

メリット:LINEよりは誘いに乗りやすい

直接誘う方法の最大のメリットとしては、なんてったって『OKの返事をもらいやすい』ということではないでしょうか。その理由については二つありますのでご紹介したいと思います。

①気持ちが伝わりやすい

やはり文章というものは気持ちが伝わりにくいものであり、誰もが普段使っているLINEだとしてもそれは例外ではありません。直接目を見て話し、誘いたい・一緒にいてほしいという気持ちを伝えることが最も大事なことだと思います。

デートに誘いたい気持ちを伝える女性

実際に行こうか行くまいか迷う程度の相手ならば、やはりLINEならば断わってしまいますし直接言われたら『まあいいかな』と思ってしまうことが多いです。無機質な活字よりも顔を合わせて声で伝えることほど気持ちを表せる方法はないと思います。

そのほうが相手も『一緒に行きたいんだな』と、あなたの心境をしっかりと察してくれるはずですからね。

②乗り気でなくても断る理由を考える時間が無い

とっさに誘われた場合、断りたかったとしてもなかなかその理由をすぐに考えてあれこれ本当っぽく取り繕える人はそうそういません。慣れた人ならば別かもしれませんが…

LINEのデメリットでも紹介したように、文章でのやりとりならば断る理由を考える時間はたっぷりありますが直接日付限定で急に言われると、その日に何もなければ断ることは意外に難しいものです。

もしかしたら「〇〇の予定があった気がするから確認したら返事するね!」なんていう人もいるかもしれませんが、いずれにしてもLINEよりは即答で断ることは困難です。良くても答えを引き延ばす程度だと思いますが、その間に次の候補日を考えておくなど多少の作戦を練っておくことはできますからね。

では口頭で伝えた方が完全にいいのかと言えばそうではなく、少しだけデメリットもあるんです。

デメリット:勇気がいる

はい、口頭でデートに誘う場合のデメリットといえばまさにこれでしょう。LINEですらなかなか誘うのを渋っているような人であれば当然のことながらかなり緊張してしまいます。

気持ちが伝わりやすくもっともいい手段だとは思いますが、緊張してあまりにもガッついているような態度だったりしつこくしてしまったのでは本末転倒です。内気だったりあまりにも自信がないと自負している人は直接会って伝えるのも控えた方がいいかもしれません。

おすすめの誘い方は『電話』

LINEでも直接でもデメリットがあり、直接会って誘った方が気持ちが伝わる分成功率は高そうですが勇気がいるし…と、どっちがいいのかわからないという方にはズバリ電話で誘うことをおすすめします。

電話でデートに誘う女性

電話であれば顔を見ることがない分だけ緊張もほぐれますし、かといって文章を送るわけでもなくあなたの『声』で直接誘うことができるわけですから気持ちも十分に伝わります。よって、電話での誘いを試してみてはいかがでしょうか?

電話で誘う場合の注意点

電話で誘う場合はひとつだけ注意すべきことを覚えておきましょう。それは『電話する時間帯を考慮する』ということです。特に相手が仕事中だったり飲み会に行っている時など、出られないような時間であるとわかっている場合はその時間に電話はしないでください。

なぜならば後から「電話くれてた?どうしたの?」なんてLINEが来て、再度かけてみたら電話がNGだったりすると以後LINEでのやりとりに切り替わってしまい、結局は電話で伝えることができなくなってしまうからですね。そのへんだけは注意しておきましょう。

どうやってデートに誘ったらいいか、迷って一歩を踏み出せないと言う人はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大