口・鼻の下が出ている『口ゴボ(ゴボ口)』の原因は?自力で治す方法はあるのか

スポンサーリンク
レクタングル大

自力で治す方法はあるのか

こんな骨格的な問題を自分の力だけでどうこうして、口ゴボを改善することはできるのか?ということは非常に気になることですよね。骨格を治すにはまず『美容整形』を想像するかと思いますが、自力での矯正となると『どうすれば?』って感じだと思います。

少しくらいの改善は見込めるが劇的な変化は期待できない

最初に結論を言ってしまえば答えは『かなり難しい』といったところでしょうか。多分想像しているとおりだったかもしれませんが、別途記事で紹介している頬骨を引っ込める矯正のような『関節』の矯正とはわけが違い、口ゴボの原因となりやすいものは『歯』ですので、その歯を自力で引っ込めるというのはかなり敷居の高いこととなります。

前ページにリンクを貼っている出っ歯に関する関連記事を見ていただくと詳細を記載していますが、歯は押し込もうと力を入れ過ぎるとグラグラしてくるし、弱すぎても地道すぎて現実的な方法とは言えません。

グラグラしている歯

弱い力で数年も押し続ければほんの少しくらいは歯が引っ込むかもしれませんが、いずれ口ゴボを解消するほどの効果は見込めないでしょう。

自分でできることは悪化させないための予防程度

自力での改善は難しいでしょうが、このまま放っておいても少しずつ更に口ゴボが悪化していくだけなので、とにかく『鼻呼吸』を意識してこれ以上の悪化を防ぐことが重要なポイントになります。

逆に自分でできることと言えばこの程度であり、治すというよりも予防的な心構えくらいにしかなりませんね。しかし少しでも食い止めたいというのであれば何もしないよりははるかにマシであり、口呼吸を止めて鼻呼吸にするというだけでも気持ち程度は口ゴボが解消される可能性だってあります。

「気持ち程度?じゃあどうでもいい」と思うかもしれませんが、顔ってほんのちょっとの変化だけでも印象を大きく変えることがあります。ちょっとでも口ゴボの改善が見込めるのであれば呼吸方法ひとつ変えるくらい安いものだと思いますよ。

治療方法は基本『歯列矯正』だが、ひどい場合は骨削りもアリ。費用や期間は?

では実際、根本的に治療をするとなるとどんなことをすればいいのか。それは『歯列矯正』です。歯列矯正は美容整形に近いような内容になりますが、名前のとおり歯の並びを矯正する方法になります。

口ゴボを完全に治すとなれば病院での治療をするしかありません。

軽度な場合の治療方法

軽易な一部分だけの出っ歯の場合は部分矯正により重なっている前歯を抜いたり削ったりして口元がせり出している原因を取り除きます。割と短期間でできる矯正方法です。
費用:10万円程度~(症状による)
期間:2年

前歯全体が出ている場合はマウスピースやブラケット・インプラントなどを装着し徐々に歯並びを治していくことになります。つまり前歯全体を少しずつ引っ込めていきますが、早くても1年以上はかかると思っておいた方が無難でしょう。
費用:50万円~200万円程度(症状による)
期間:1年~3年

症状がひどい場合

あまりにも出っ歯具合がひどい場合は歯の付け根の骨を削ったり歯を抜いたりと、大がかりな外科手術が必要となります。症状によって費用や期間は大きく変わりますが、費用については間違いなく100万円以上はかかると思っておいてください。全身麻酔をしてから一気に手術が行われますので、期間については1週間程度からと短めになっています。

このように口ゴボを根本的に治すとなればかなりの費用と時間を要しますので、見た目の深刻度と費用・そして体の負担を考慮しながらどうすべきなのかをよく考えてみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大