かわいいえくぼを自力で作れる?簡単な方法を紹介するよ!

えくぼのある女性はなぜか「女の子らしい!」という感じに見えてかわいく思えちゃいますよね。

えくぼのある女性

あなたの友達にもえくぼのあるかわいい人はいるでしょうし、芸能人でもそれをチャームポイントとして認められている人気の女性もいますよね。

あんなえくぼが私にもあったら…なんて考えたことのある女性は少なくないはずです。

とは言っても生まれつきのものだしえくぼがあるのはレアなんだから、いくらかわいいと思ってもどうしようもないことだと普通は諦めちゃいますよね。

でも実はえくぼを自分で作ることができるんです。整形手術をした人や選ばれた人だけが授かれる特別な産物ではないんですよ!

あらかじめお断りしておきますがもちろん1日やそこらでえくぼを作るのは無理です。ちゃんと継続しなければ効果は出ませんので、正しいやり方を覚えて毎日続ける必要があることをまず意識しておきましょう。

それではえくぼに関するさまざまな情報とともに自力で作る方法を紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル大

えくぼがあるとかわいく見えるのはなぜ?

冒頭にも記述したように、えくぼがあるとなぜか女の子らしくてかわいいというイメージになりませんか?そう思うのはなぜでしょうか。

子供のイメージがあるから

よく思い出してみてください。今あなたのまわりにえくぼがある人はたくさんいるでしょうか。おそらくは数人程度でそんなにたくさんはいないと思います。でも小学校くらいの時はもっといたような気がしませんか?

実はこれこそがえくぼ=かわいいと思える理由なんです。もちろんそれぞれかわいいの定義は違うにせよ、小さな子供や赤ちゃんは皆かわいいものですよね。

かわいい子供

つまりえくぼには子供のイメージがあるため大人でも同じようにかわいいと思えてしまうんですよ。単純なことではありますがかわいく見える一番の理由はここにあります。

なぜえくぼは子供に多いの?そのメカニズムとは

えくぼが子供に多い理由、それは顔全体の脂肪が多く皮膚がやわらかいことが原因です。

子供の頃に顔がげっそりしてガリガリな子ってってほとんどいませんよね。よほど飢餓状態でもない限り子供は皮下脂肪が多くぷくぷくとしています。これがまたかわいく見えるわけですが…

でも脂肪が多いとなると全体的にぷっくりしているだけでえくぼなんか逆にできそうもないというイメージになるかもしれません。

しかし顔には表情筋が無数に張り巡らされており、脂肪が多い中でも一部だけへこみや隙間があったり、皮膚と筋肉がくっついて引っ張られるとその部分がえくぼになります。つまり脂肪の多いところと少ない所の差があってこそえくぼができるという仕組みなんです。

要約すると

・子供は全体的に脂肪が多い
・一部だけ脂肪が少なかったり皮膚がくっつくと引っ張られてえくぼになる

ということです。だから全体的に脂肪の多い子供の時期にこそえくぼが発生しやすいわけですね。

しかし大人になるにつれて顔全体の表情筋は発達していき全体的に脂肪が少なくなっていくので、えくぼは徐々に消えていってしまいます。

消えていくえくぼ

えくぼのある芸能人はかわいいというイメージが強い

えくぼは子供のイメージがあるからかわいいということの他に、えくぼのある芸能人には人気のある人が多いということも原因に挙げられます。

代表的な人だと

  • 大島 優子
  • ミランダ・カー
  • 相武 紗季
  • 白石 美帆
  • 百田 夏菜子
  • 三浦 理恵子
  • 青木 愛
  • 加藤 夏希

などなど他にも思い浮かぶ人がいるとは思いますが、間違いなく全員人気のある女性たちですよね。

こういった芸能人や有名人を普段からテレビで目にする機会も多く、無意識の中でえくぼも印象に残っているのでえくぼはかわいいというイメージが勝手についています。

えくぼがあるだけでこんなかわいい人たちのような印象になれるのであれば、やっぱり自力でえくぼを作りたい!と思う気持ちにもなりますよね。

ところで…手術でえくぼって作れるの?

ちょっと余談になりますが、自力でえくぼを作る方法の前に少しだけ触れておきますね。

実は美容整形手術によってえくぼを作ることも可能です。先述したように顔の筋肉と皮膚がくっついて引っ張られるとへこみが生じえくぼができるわけですが、その状態を手術によって人工的に作ることができるんです。

えくぼをつくる整形手術

手順としては

①局所麻酔をかける
②口の中を5mm程度切開する
③顔の筋肉と皮膚を縫い付ける

といったようなシンプルなものになります。手術に要する時間も約30分程度と短く、局所麻酔によって施術されるので体への負担もほとんどありません。

手術が済んで完全になじむまでには1ヶ月もかかりませんし、傷も小さいので痛みも数日後には感じなくなるという程度のものです。

気になる費用は両方で10万円~15万円くらいとなっており、そこはクリニックによって開きがあるようですね。いずれそうそう高くもないのでやろうと思えばお手軽にできる美容整形手術となっています。これで憧れのえくぼが手に入るんだったら安いもの!?

参考までに覚えておきましょう。

と、もちろんここで終わりではありませんよ!それでは次のページから自力でえくぼを作る方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大