かわいいえくぼを自力で作れる?簡単な方法を紹介するよ!

スポンサーリンク
レクタングル大

自力でえくぼを作る方法

まず、冒頭の内容と重複しますがえくぼを自分の力で作ることはそう簡単なことではありません。えくぼだけに限らず生まれ持って付き合ってきた自分の顔を変えるということは、手術以外の方法では時間がかかるものと割り切ることが必要です。

そのため数週間・数ヶ月と続ける自信が全くない場合は最初から諦めた方が無難です。時間の無駄遣いをしてももったいないので、本当にえくぼを作りたいのであれば最初から長く続ける覚悟をもってやってみましょう。大げさに聞こえるかもしれませんがほとんどの人は意外に長続きしないものですからね…。

基本的には”癖”を付けることが大事

えくぼを自力で作るための基本的な事になりますが、えくぼができてほしい場所にをつけることが必要です。というよりもその癖こそがえくぼになります。

理由は顔の筋肉繊維に隙間を作り、そこにへこみを生じさせることがえくぼそのものになるからです。それではその癖付けのやり方を順番に解説していきます。

①頬をへこませる

頬の内側を吸うようにしてへこませ、歯と歯茎に密着させます。この時おちょぼ口にするとやりやすいですし、吸うようにしてへこませるというイメージも浮かびやすいと思います。

②えくぼを作りたいところを指で押さえる

①の状態のままえくぼができてほしい所を指で押さえます。少し強めに押さえても大丈夫ですが、歯茎や頬の内側が痛くなるほど強くはしないようにしましょう。もうひとつ注意点ですが、肌を傷つけないためにも爪を立てないように注意してくださいね!

そしてこの状態を10秒程度キープします。

③指で押さえたまま口を膨らませる

②で押さえた指を離さずに今度は口を膨らませてみましょう。すると押さえているところの他の箇所は内側から力がかかり、これで外側・内側両方から表情筋を刺激することができます。また、指で押さえたところには当然ピンポイントで力がかかるので、筋肉繊維に隙間を作ることができます。

えくぼを自力で作る女性

この①~③のやり方を時間が空いた時にでも行ってみてください。目安としては1日5~10セット以上が好ましいです。少なすぎると効果が出にくくなりますし、多すぎると痛みを感じてしまいますので最初は3セットくらいから徐々に増やしてみましょう。

指で押さえるなんてそんな単純なことで!?と思うかもしれませんが継続は力なりです。少しのことでも続けて行けば徐々に体はその通りになっていくものなので、数週間で効果が現れないからといってすぐに止めずに続けてみてください。

続けてるのにえくぼができにくい場合はどうすれば?

長期にわたり続けてみても全くえくぼができる気配がない場合もあるはずです。それはやり方が悪いというよりも元々の頬の状態が原因かもしれません。

子供のようにただ脂肪があればできやすいわけではない

最初の方で子供にはえくぼができやすいと記述しましたが、大人でも子供のような脂肪さえあればいいというわけではありません。

子供と大人の顔は脂肪分が違う

まず、子供の場合は大人よりもはるかに柔らかいからこそえくぼができやすいんです。全体的にやわらかく、その中に未発達な部分や筋肉に引っ張られる部分があるからえくぼというメリハリのあるくぼみができるわけですね。

しかし大人の頬は子供のやわらかさとは違います。表面上は一見子供のようなやわらかさに感じるかもしれませんが、表情筋が凝っていたりたるみやむくみによって実は意外に固い部分があるため子供の柔らかさとはまた違います。

だからえくぼのように一部だけへこむという現象も起こりづらく、なかなかえくぼを作るのも時間がかかってしまうわけですね。

表情筋トレーニングなどで筋肉のメリハリをつける

脂肪や表情筋の凝り・たるみは解消しておかないとなかなかえくぼはできません。そのままの状態でしばらく続けてみてもほとんど意味はないと思います。

表情筋の状態が悪いと筋肉繊維の間に隙間ができずえくぼができにくくなりますので、そんな時には表情筋トレーニングなどで筋肉にメリハリを付け、えくぼの指押し方法効果が早く出やすいようにするのがベストです。

下記記事を参考にして、まずは表情筋を鍛えてえくぼができやすい状態にしておき、凝りなども解消しておきましょう。

表情筋を鍛えて小顔になろう!表情筋についての知識と、お金もかからずいつでもどこでも、簡単に顔痩せをすることができるトレーニング、エクササイズやマッサージ方法をご紹介します。老け顔やたるみが気になる方にもうってつけの情報です。
肩凝りと同じように、顔にも「凝り」が発生します。顔が凝っているとむくみやたるみにつながり、更には顔が大きく見えたり老け顔に見えてしまいます。顔の凝りをほぐす方法やマッサージ方法、そして予防法についても紹介しますので、是非試してみてください。
口に咥えて表情筋を鍛える顔痩せ器具『PAO』というものをご存知でしょうか?どうやって使うのか、なぜ顔痩せできるかの概要と、Web上にたくさん存在しているレビューから考察した実際の効果についてを検証していますので、気になる人は参考にしてください。

まとめ

どうでしょうか、えくぼができる原理や自力で作る方法についてご納得いただけたでしょうか?

憧れのえくぼを作るのはそうそう簡単ではありませんが、何もしなければ絶対にできることもありません。しっかりと指押しを続けてキュートなえくぼができるように努力してみましょう!

できたらきっとあなたの印象も大きく変わるはずですよ。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大