口角を上げる方法でへの字口を治そう!下がることには意外な原因も?

あなたは自分の笑顔に自信がありますか?ニッコリと笑った優しい目もかわいい笑顔の大事な要素ですが、実はもっと印象を左右する大切なポイントがあります。

それは口角が上がっているかどうかです。口元がニッコリとしていなければ笑っている顔には見えず、目だけがどんなに笑っていても口元がへの字口になっていると楽しそうには見えないものなんです。

口角が下がっている女性

例えば目だけを細めて笑っているようにしていても、口を尖らせていたりへの字口になっているとまるで作り笑いやほほ笑みのように見えてしまい、心からの笑顔には見えません。

鏡を見て自分の口元をニコッとしてみてください。どうでしょうか、ちゃんと口の両端の口角が上がっているでしょうか?唇はUの字になっているように見えても、よく見ると口角の部分だけは下がっていたりする場合もあるものです。

その場合はいくらその場でがんばってみても、指を使って引き上げでもしない限り両端だけはなかなか上がらないはずです。それにがんばってがんばってなんとか力を入れて一時的に口角を上げたところで、普段の笑顔には反映されていないでしょう。

そこで今回は、特に意識せずとも口角を上げて美しい口元の笑顔をつくる方法と、口角が下がってしまう原因についても詳しく解説をしていきます。

スポンサーリンク
レクタングル大

口角が下がることには原因がある

まずは口角が下がってしまう原因を突き止める必要があります。

原因がどうこうというより、もちろん生まれつきそういう顔つきという人も中にはいるでしょうが、ほとんどが歳をとるにつれて徐々にへの字口になってくるという場合が多いです。

小さい頃から悩んでいたのであれば別でしょうが、そんなことを意識しながら何年も過ごしてはいないでしょうし長い時間をかけて口角は下がってくるものなので、自分で気付くということはほとんどないと思います。

徐々にということは何らかの原因があるはずなので、まずはその考えられる原因について把握しておきましょう。

顔の筋力の衰え

まず口角が下がる原因として考えられることは、顔の筋力が衰えているということです。

顔の筋力が衰えた女性

特に口輪筋という口の周りを一周している筋肉が衰えてくると口角を引き上げる力が弱くなり、唇の両脇部分がだんだん下がってしまうんです。唇の中心部と違い両脇の口角の部分には頬の肉がのしかかっていますので、この口輪筋が緩んでしまうと口角が下がってしまうというわけです。

普段から無表情だったり喋らなかったりして表情筋をあまり使わない人は、顔の筋力低下が原因で口角が下がっているのかもしれません。

頬肉のたるみやむくみ

前述したように口角の上には頬肉がありますが、その頬肉がたるんでいる場合も唇の両脇にのしかかるので口角を下げてしまう原因になります。

また、いつもお酒ばかり飲んでいたり冷え性で血行が悪いという人はむくみが発生しやすいため普段の生活を改める必要がありますね。

下記記事を参考にむくみを解消するように心がけてはいかがでしょうか。

普段なんとなく「顔がむくんでるなぁ…」なんて思いながらもなぜむくんでいるのか、そして解消するためにはどうすれば良いかを知らない人がほとんどです。顔痩せをする前に、まずはむくみを解消して小顔に一歩近づいてみましょう。
塩分や水分の摂り過ぎ、お酒の飲み過ぎがむくみを発生するということはよく知られていますが、実は以外にも『冷え性』がむくみにつながるということをご存知ですか?何をやっても顔のむくみが改善しないというあなたに!一見の価値アリです。

スマホを長時間使う人は要注意

スマホ中毒の人も要注意です。特に近年はスマホなどが手放せず、暇さえあれば使っていていつも下を向いているという人がほとんどではないでしょうか。

舌を向いてスマホを使っている女性

通常スマホを見る手は下にあるはずなので、画面を見る時はほとんどが下を向く姿勢になっているはずです。下ばかり見ていると重力によって頬肉が垂れ下がってしまい、これがたるみにつながります。

また、スマホを見る時にはお笑いの動画でも見ていない限り無表情のままとなり、これが長時間続くと表情筋を使わない時間が多くなっているわけですね。

すると表情筋の衰え・血行不良などによってたるみやむくみが発生するので口角が下がる原因になってしまうんです。

ギクッとした人も多数いるのではないでしょうか?

口呼吸をしていませんか?

また、たるみの原因には口呼吸をしているということも考えられます。

口をポカーンと開けっぱなしにしている人をよく見かけると思いますが、口が開いたままということは口周りの筋肉を一切使っていない状態ということになるので、これもまた口周りや頬のたるみの原因になってしまうんです。

口を閉じている時は閉じるための筋肉を使っているわけですが、開きっぱなしであれば全く力を入れていない状態のためどんどん筋力が低下していきます。口呼吸が癖の人は注意が必要です。

他にも

  • 鼻の下が長くなる
  • 顔が長くなる
  • 口ゴボ・アデノイド顔貌になる
  • 唇が厚く見える
  • 出っ歯になりやすくなる
  • 二重アゴになる

など口呼吸のデメリットは多数あるので、気になる方は下記関連リンクを参照してください。

最近少しずつ美容界でも話題になっている『鼻の下の長さ』は、美人であるかどうかを決める重要な要素になっていることが判明しています。鼻の下が長い原因とともに鼻の下を短くするエクササイズについても紹介!治れば憧れの芸能人のようになれる!?
自分の顔って他の人より長いかも…って思ったことはありませんか?面長に見えるとイロイロとネガティブなイメージになることもありますよね。そこで、面長になる・もしくは見えてしまう原因とその対策についてを確認してみましょう。
口ゴボ(くちごぼ)・ゴボ口(ごぼくち)って聞いたことがありますか?原始人のように口元や鼻の下が出ている症状のことを指しますが、果たしてそれを自力で治すことはできるのでしょうか?原因と共に詳しく解説していきます。
アデノイド顔貌とは一般的に『アゴなし』と呼ばれる症状です。アゴの輪郭が見えずにコンプレックスを抱えているあなたへ、アデノイドが原因でアゴなし輪郭になる原因と予防方法、そして治療方法についてをご紹介します。
たらこ唇って『ぷるぷるで魅力的』か『分厚くて女性らしくない』か、見た目としては紙一重なところなんですよね。もし厚い唇をコンプレックスに思っているのであれば自分でもある程度の対策はできますので、その方法についてチェックしてみましょう。
出っ歯のコンプレックスを抱えている人は数えきれないほどいるでしょうが、諦めている人がほとんどだと思います。でもその出っ歯を放っておくとさらに悪化していく原因になるかもしれません。自力で治せる?予防方法は?気になる人はチェックしておきましょう。
なかなか解消できない二重アゴには様々な原因があり、そのひとつひとつを詳しくご紹介します。そしてどうやったらアゴのラインがスッキリとした小顔になることができるのかについても説明しています。

舌の位置が悪い

口角が下がる意外な原因として、舌の収納位置が悪いということも考えられるんです。

舌と口角の下がりには何の関係もないように思うかもしれませんが、そもそも舌の収納位置って何のこと?って思っちゃいますよね。

実は舌には正しいポジションがあり、その場所は口の内部上側(上の前歯の後ろ側)です。要は口の中の上にくっついていればいいのですが、人によっては下に置くように収納している人もいます。

下に収納しているということは口呼吸の癖によって口を開いている、もしくは舌の筋力が弱いため下の方に置くような状態が癖になっているということです。

その場合は舌にすら力を入れていないということなので、口周りの筋力が極端に弱い可能性がありかなりのたるみを発生させている可能性があります。

少し意識して舌の位置がどうなのかを確認してみてはどうでしょうか。

口角が上がるとどんなメリットが?

ではここでひとつ、口角が上がることには笑顔が美しくなる意外にどんなメリットがあるのか、あらためて整理してみましょう。

見た目以外にも嬉しい効果があるのでちょっと一息、目を通してみてください。

愛想が良さそう・優しそうに見えて人との関係が良好になりやすい

あなたは口角が上がって口元がニッコリしている人をどう思いますか?

説明するまでもないようなことでしょうが、やっぱりへの字口でムッとした顔つきに見えるよりは口角が上がって微笑んでいるような表情の人の方が愛想が良さそうだし優しそうだと思いますよね。

口角が上がっている女性

ということは人が寄ってきやすく接していても安心できる印象になるので、人と人との関係が良好に保てる可能性が高くなります。への字口だと怒っているように見えることもあるせいか近寄りがたい・話しかけにくいというネガティブイメージになってしまいますからね。

ちょっとした口角の違いだけでも印象は大きく変わっちゃいます。

女性らしくてかわいい

女性であれば、たくましいへの字口よりも口角の上がった笑顔の方がどう考えても素敵に見えるものです。

男性であればたくましさがあってもいいでしょうがそれは女性にとって不要なイメージだと思いますので、やっぱりかわいい印象の方がいいですよね。口角が上がると、より女性らしく見えるというメリットも大事なポイントですね。

若く見える

年齢を重ねるにつれてたるみが目立つようになり同時に口角も下がってきますが、これはほとんどの人が対策を何もしないまま過ごしているからです。

そういった人がたくさんいるので口角が下がった人=年をとっている人という現実とイメージが定着してしまい、若くても口角が下がっているだけで老け顔に見られることがあります。

逆に年をとっていても口角が上がっているだけで若く見えることにもなり、老け顔を気にしている人などもここを解消することによってかなりの若返り効果を得ることができるかもしれませんよ。

笑顔が精神的を安定させ、前向きになれる

意外なメリットとして、口角を上げて笑顔をつくると精神的に安定し前向きな気持ちになれるということがあるんです。

前向きな女性

これは口角を上げることによって脳が笑顔になっていると錯覚を起こすからです。試しにちょっと浮かない気分の時や嫌なことがあった時でも、まずは口角を上げて口元だけでも笑顔にしてみてください。

すると不思議なことにそれだけで落ち着き、なぜかちょっと前向きな気分になれるはずです。特に普通な気分の時でも構いませんので試してみましょう。

『幸せホルモン』とも呼ばれるセロトニンという物質が分泌される

この脳が錯覚を起こすということについてちょっとだけ詳しく解説すると、笑ったり人と楽しくコミュニケーションをとると脳がセロトニンという物質を出しますが、このセロトニンは『幸せホルモン』とも呼ばれている嬉しい物質なんです。

セロトニンはストレスの緩和や不安な気持ちを抑えたりと、精神を安定させ落ち着かせる働きがあるまさに幸せな物質。口角を上げることによって笑っているものだと脳が勘違いし、セロトニンを出して気持ちを安定させるというわけです。

口角を上げるだけで気持ちまで前向きになるんだったら、やっぱりへの字口なんかとはサヨナラした方がいいですよね!次のページで具体的な口角の上げ方を解説していきますので、しっかりと内容を確認してみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大