ストレスによって肌荒れするのはなぜ?そのメカニズムを徹底解説!

ストレスが肌荒れの原因になるという話をどこかで耳にしたり、ネットで目にしたことがあるのではないでしょうか?

ストレスを感じている女性

言われてみれば確かにストレスを感じている時やそのあとに肌荒れしたような気もするけど…本当にその肌荒れがストレスのせいなのかどうかはわからないし、そもそもストレスと肌荒れにはどんな関係性があって、どんな理由で肌荒れにつながるのかがわからないという人も多いと思います。

そこで、ストレスによって肌荒れが引き起る原因や、それぞれの関係性と肌荒れしてしまう原因についてを詳しく確認していきましょう。「精神的なことと肌の状態なんか関係ない!」なんて思っていると…みるみるうちにボロボロの肌になってしまうかもしれませんよ!

スポンサーリンク
レクタングル大

ストレスを感じている時ってどんな状態のこと?

『ストレスを感じている』とはどういった状態のことを指すのかをご存知でしょうか。

まずは典型的な精神的苦痛などによって受けるダメージのことを想像すると思うのですが、これは普段から誰もが日常的に感じる感覚だと思います。

例えば友達・恋人・家族などとケンカをしてしまったり嫌なことを言われたりする場合があると思いますが、プライベートだけではなく他にも職場でのプレッシャーなどを感じるといったケースも多々ありますよね。それに不快や怒りのストレスだけではなく、心配事や不安な要素、悲しみの感情などを抱くこともあるでしょうが、それらが心にあるうちは全てストレスを感じていることになります。

悲しい表情の女性

つまり平常心やリラックスしている時、楽しいと思っている時以外の状態は全てストレスを感じているといっても過言ではありません。何らかマイナス要素のありがちな感情を抱くということは、その時既にストレスを感じている可能性が高いわけですね。

自分で『ストレスを感じてるなぁ』なんて思うほどの時にはほぼ確実にストレスを感じているということになります。

精神的にだけじゃなく、肉体的な感覚もストレスになる

ストレスというと、精神的な要素だけだと思っていませんか?しかしそれは大きな間違いであり、肉体的に感じる感覚であってもストレスとして体は受け取ってしまいます。

肉体的なストレスなんて言うといまいちピンとこないかもしれませんが、例を挙げるとすれば寒さや暑さを感じることや痛みを感じることなどですね。体にかかる負担や通常とは違う感覚を感じることだけでもあなたの体はストレスを感じてしまうのです。

だから「仕事も楽しいし友達との関係も問題ない。だからストレスなんでゼロよ!」なんて思っていたとしても、寒かったり暑かったりする肉体的な感覚を体が感じてしまうと、実は脳ではストレスを感じちゃってるなんて場合が多いんです。

よっぽど寒さや暑さが嫌いという人はそれが精神的な苦痛につながってストレスを感じていると自覚するかもしれませんが、そうでない人はストレスを受けていることに気付かず、無意識のうちにストレスをため込んでいるという場合もありますので注意が必要です。

ストレスと肌荒れには関係性がある!その理由は?

そもそもストレスって本当に肌荒れの状態に影響しているの?ということになりますが、結論から言えばストレスと肌荒れにはちゃんとした関係性があります。その理由についてはいくつかありますのでこれから紹介していきますね。

活性炭素が発生するから

『活性炭素』という用語を耳にしたことがあるでしょうか。聞いたことのある人はおそらく体に悪い物質として認識されているかもしれませんが、ストレスを感じることによりこの活性炭素が増えてしまうことで肌荒れが起こります。

活性炭素とは?

前述したように活性炭素を知っている人にとってはいいイメージがないかもしれませんが、活性炭素は私たちの体の内部を殺菌してくれる効果のある、体に必要不可欠な物質です。

しかしストレスを感じることにより活性炭素が過剰に発生することがあります。それがなぜ肌に悪いのかと言うと、活性炭素には酸化作用があるため増えすぎると肌の細胞をも攻撃してしまうことになるからです。つまり細胞の老化が早まってしまうんですね。そうなると肌荒れどころかシワの原因にもなってしまいますので、ストレスから肌荒れにつながってしまうということになります。

自律神経が乱れる

ストレスと自律神経の関係は深く、普段安定している自律神経が、ストレスを感じた時には大きく乱れることがあります。

自律神経には『交感神経』と『副交感神経』があり、ざっくりと簡単に言えば交感神経が活発だと興奮状態になり、副交感神経が活発だとリラックスした状態になります。これは動物の本能によるものであり、それは誰にでも共通する神経の働きです。

普段はそれぞれがバランスを保っており体の状態を安定させていますが、ストレスを感じることによりどちらかが過剰に働いてしまう場合があるのです。

なぜ自律神経が乱れると肌荒れに?

まず、交感神経が過剰に働くと体は興奮状態となり休息や回復の機能が抑制されます。人の肌はターンオーバーという細胞の生まれ変わり機能によって荒れた肌を新しい肌へ更改しているのですが、その機能が弱まってしまうと肌が荒れたままの状態になってしまうんですね。

このターンオーバーが正常に機能しなくなるとシミや黒ずみなども治りにくくなり、結果的に肌荒れ状態のままとなってしまいます。ターンオーバーにはサイクルもあるので、自律神経の乱れによってこのサイクルも乱れてしまうと長い間肌荒れが治らないということにもなってしまいます。

例えば口角の黒ずみなどもターンオーバーの機能によって回復していきますが、そういったものについても治りが遅くなっちゃいます。

※参考記事

への字口や不機嫌そうに見えてしまう口角(口の両脇)の黒ずみ。化粧で隠すしか方法はないと諦めていませんか?でも実は『ターンオーバー』という体の機能を正常に保つことができれば解消することができます。あなたの行動や治し方、もしかしたらNGかも…?

他にも寝るべき時なのに交感神経の過剰な働きにより体が興奮状態で休めないといったことも肌の回復を妨げる要因になります。

じゃあ副交感神経がたくさん働けば回復が早いからいいんじゃない?と思うかもしれませんが、交感神経とは逆に副交感神経には血流を抑えて安定させる働きがあります。交感神経は興奮状態をつくりますので、心臓の鼓動を活発にして体のすみずみまで血液を送ろうとします。しかし副交感神経が過剰に働くと血流が抑えられてしまうことになるのです。

そうなると肌に必要な栄養が運ばれにくくなり、肌の修復機能低下や新たな細胞をつくるための機能が正常に働かなくなります。するとシミや乾燥肌、他にも目の下にクマができちゃったりと、デメリットのオンパレードになってしまいます。

※参考記事

あなたは目の下にクマができることはありませんか?なんだかいかにも不健康そうに見えて、いくら若くてきれいな人でもクマのせいだけですごい老け顔に...

よって、交感神経・副交感神経ともにバランスがとれていれば問題ないのですが、ストレスによってそのバランスが崩れると肌への悪影響がでるということになります。

ホルモンバランスが乱れる

ストレスによってホルモンバランスも崩れることがあり、特に女性の場合は女性ホルモンの分泌が抑制され、逆に男性ホルモンが多く分泌されてしまう場合があります。

そうなるとエストロゲンという美肌に必要な女性ホルモンの分泌が減り皮脂が増えることになるので、ニキビなどができやすい状態になってしまいます。エストロゲンの減少は乾燥肌の原因にもなりますし、場合によっては敏感肌になることもあります。

肌のことだけに限りませんが、ホルモンバランスの乱れは体調不良を引き起こしたり精神的に不安定になったりと良いことがありません。女性なのにヒゲが濃くなってくるなんていうこともありえますので注意が必要ですね。

※参考記事

ヒゲが濃いということで悩む女性は意外に多くいらっしゃるようです。普通は男性にしか生えないのになんだか口元が黒っぽくてかなり気になる…女性としては大きな問題ですよね。女性なのにヒゲが生え、濃くなるる原因や対策を確認し女性らしい美しい口元を手に入れましょう。

新陳代謝能力の低下

最後になりますが、ストレスから新陳代謝能力の低下につながり肌荒れを引き起こすケースもあります。

新陳代謝とは髪の毛や爪が生え変わる、新しい肌に生まれ変わるなどのサイクルを指します。前述したターンオーバーも新陳代謝のひとつですね。この新陳代謝能力により肌の角質なども新しいものに生まれ変わるのですが、ストレスを感じることにより新陳代謝機能が低下するとこれもまた肌荒れ状態が長く続くことになりますので、肌荒れの原因となります。

ちなみに代謝について詳しく知りたい方は下記リンクより別途記事を参照してくださいね。

ダイエットではよく『代謝』という言葉を耳にしますが、その中でも基礎代謝、新陳代謝といった種類が存在します。それぞれの違いは何?というところから、ダイエットと代謝の関係についても確認してきましょう。

ストレスは肌にとっても百害あって一利なし!

ストレスはさまざまな病気を引き起こす原因としてよく知られていることではありますが、これまで紹介したように肌荒れにつながる原因もたくさんあるということがお分かりいただけたかと思います。ストレスを溜めてしまうとまったくいいことがありませんね。

特に4月後半あたりに肌荒れする人が増えるという傾向もありますが、これは新年度で新たに社会人になったり職場環境が変わることによって知らず知らずのうちに体がストレスを感じているからということも原因のひとつです。頑張りすぎるのもストレスになりますよ。

頑張りすぎな女性

もし、急に肌荒れしたりずっと治らないと悩んでいるのであればストレスが原因かもしれませんね。あなたは大丈夫ですか?

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大