話題の美肌菌を育てて増やせば美人肌に!・・・ところで美肌菌って何?

ここ最近テレビでは『美肌菌』という菌についての話題を取り上げている番組をよく目にします。名前が美肌菌ですからもちろん美肌になるための菌であるということは容易に想像がつくと思いますが、ちょっとざっくりでわかりにくいですよね。

美肌菌についてわからない人

番組をちゃんと見たことがある人はその概要などについてよく理解したかと思いますが、ここで初めて美肌菌というものを知った人もいると思います。美肌なんていう名前のついた菌を聞くだけでもちょっと気になりませんか?

そのなんともありがたい名前の菌について、いったいどのようなものなのかや美肌になるための菌との付き合い方などを解説していきます。それにテレビでもサッとしか見ておらず、内容がよく分からなかったという人もいるかもしれませんので、おさらいのつもりで確認してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル大

美肌菌ってどんなものか知ってる?

美肌菌とは、その名の通り美肌に一役買ってくれる非常にありがたい菌です。と言ってもそれだけでは何の説得力もありませんし説明になっていませんので、これから具体的な生態や効果についてちゃんと解説いきますよ!

『表皮ブドウ球菌』と呼ばれ、美肌効果のあるスゴ腕の菌

美肌菌は『表皮ブドウ球菌』という常在菌であり、主に肌の保湿をしてくれる働きをしてくれています。

美肌菌

みなさんが普段から使っている化粧品の中には『グリセリン』という成分が含まれていることが多いのですが、美肌菌はこのグリセリンを作りだしてくれるんですよ。それに化粧品から摂取するグリセリンは肌の表面からしか保湿できませんが、美肌菌は角質の中でグリセリンを排出してくれるので皮膚の内部から潤いを高めることができます。

すると効果的に肌の水分量を適切に保つことができますので、美肌の大敵となる乾燥を防ぐことにつながります。他にも肌の悪臭を抑える働きもあったりと、なかなかスゴ腕の菌でしょ?

美肌菌は常在菌と記述しましたが、常在菌とは要するに私たちの皮膚にいつも存在している菌であるということです。

例えばニキビの原因となるアクネ菌なども常在菌のひとつですね。私たちの体に必要な菌ではあるものの、中には悪玉菌も存在するためその数が増えすぎることにより害をもたらす場合もあります。

詳しくは別途ニキビについての記事にて紹介しています。

ニキビは誰もが経験したことのある代表的な肌の悩み。もしかして薬品にばかり頼って治そうとしていませんか?でも強敵ニキビは意外に簡単な方法で改善することができます。その方法を確認し、長年の悩みとおさらばしましょう。

美肌菌についてはアクネ菌のように悪玉菌が存在しているわけではないので、その数が多ければ多いほど肌には良いとされています。多いということはそれだけ保湿のために働いてくれる菌がたくさんいるわけですから、肌に必要な水分をちゃんと保つことができ、バリア機能が強いということですからね。

これらの理由により、この美肌菌をたくさん増やすことができればより潤いのある美肌になりやすいということになります。これはもう増やすしかないですね!

どうやったら増やすことができるの?

ではこの美肌菌ですが、どうやったら増やすことができるのでしょうか?肌に付いている目に見えない細菌の量をコントロールすることなどできるのか、ちょっと難しそうですよね。

運動などにより汗をかいて体温を上げ、美肌菌にエサを与える

美肌菌を増やすためには汗をかくことが効果的とされています。なぜならば美肌菌は『皮脂』をエサにして活動しているからです。汗をたくさんかけば皮脂が増えるわけですから、美肌菌もそれに伴って増えていくことになります。それに運動をすれば体温が上がりますので、暖かい体温を好む美肌菌にとっては住みやすい環境となります。

皮脂って良くないんじゃ・・・?

皮脂の分泌が多いと毛穴のつまりやニキビの原因になってしまいますし、ベタベタするし皮脂なんかない方が良いのでは?と思うかもしれません。これじゃあ皮脂はない方が良いのかあった方が良いのか、話が矛盾していることになります。

しかし皮脂も肌には必要なものであり、保湿や保護・殺菌作用など大事な役割を担っています。ただ、過剰に増えると良くないということなんです。だから皮脂をずっと溜め込むことは好ましくないのですが、洗顔は毎日しっかりやって皮脂を落としているのに運動を全くせずに過ごしていると、逆に皮脂が過剰に少ない状態に陥ってしまいます。

そうなると美肌菌のエサがなくなることになりますのでどんどん減少していくことになってしまいます。要するに美肌菌のエサとなる適切な皮脂くらいはちゃんと作っておいてあげようということですね。

自分で美肌菌を増やして育てる方法としては適度な汗をかくこと。これがベストです。

『美肌菌バンク』なるサービスも!しかし・・・

あくまでも参考情報としてですが、美肌菌を増やすための方法として自分の美肌菌を採取して送り、培養・増殖させた後に自分の肌へ戻すというサービスも存在しています。そんなことができるのかという驚きと共に、増殖さえできればこれほど楽なことはないとも思いますよね。

しかしご安心ください。その価格は凍結保存などの管理費込みで、半年間総額60万円ほどかかるサービスとなっております。当サイトのように自分でできることの紹介というポリシーとはかけ離れていますので、あくまでも参考ということで紹介しておきます。

逆に、美肌菌が減っちゃう原因は?

増やすといっても限界がありますので、増やすことよりもどちらかと言えば減らないことを意識しておいた方が良いかと思います。減る原因をなくしてしまえば必然的に美肌菌も増えていきますし、減ってしまう原因はたくさんありますので、それらを解消していくことで美肌菌を育てていきましょう。

睡眠不足

美肌菌のエサとなる皮脂は寝ている間に増えやすくなります。しっかりと睡眠をとらずに肌が乾燥している状態だと皮脂の分泌は少ない状態になりますし、美肌菌が住む環境としては劣悪なものとなってしまいます。

睡眠不足は肌の大敵です。しっかりと睡眠をとるように心がけましょう。

顔の洗い過ぎ

毎日の洗顔ですが、ゴシゴシと念入りに洗いすぎると美肌菌のほとんどが流れていなくなってしまいます。殺菌力の強い洗顔料を使うのも避けた方が良いでしょう。美肌菌も死滅し減少することになります。

できるだけ無添加の洗顔料や水だけ洗顔にしておいて、優しく洗うようにしてあげましょう。肌断食で徹底的に余計な化粧品を使わないというのもひとつの手です。

※参考記事

『宇津木式肌断食』という美容法をご存じでしょうか?これはいつも使用している美容液などを、一切肌に与えず美肌になれる方法として知られている、今までの常識を覆すような美容法です。興味がある人はチャレンジしてみませんか?

紫外線

紫外線には殺菌効果がありますので、日光を浴びすぎると美肌菌も死滅してしまいます。帽子をかぶったり適切に日焼け止めを使用するなどの対処を怠らないようにしてください。

日焼け止めの選び方については下記記事を参照願います。

とうとう紫外線の強い5月がやってきますが、日焼け止めの準備はできていますか?でも日焼け止めに書かれている『SPF』や『PA』という表示の意味をご存知でしょうか。普段何も考えずに購入しているのであれば注意が必要です。選ぶ際の参考に覚えておいてくださいね。

冷やし過ぎ&乾燥

前述したように美肌菌は暖かい温度を好みます。どうやら自ら発熱することができないからのようですね。活発になる体温は36度以上ですので体の冷やし過ぎには注意してくださいね。それに乾燥した空気も好きではないようなので、湿度は60%程度を保つようにしましょう。

特に冬場の暖房は要注意です!

抗菌効果のあるもの

夏場は顔拭きシートなどを使用する機会もあるかと思いますが、やはり美肌菌は『菌』ですので、抗菌・殺菌には弱いんですよ。できるだけ抗菌効果のあるものの使用は避けてあげましょう。せっかく育てようとしている美肌菌があっというまに死滅してしまいます。

万病のもと、ストレス

ストレスは何一つ良いことがありません。皮脂の分泌バランスが崩れますし、美肌菌も私たち自身が受けるストレスによって減少することがありますので、ストレスを溜め込まないように工夫することが大切です。

ストレスは肌にとって悪影響しかありませんね。

「仕事のストレスで肌荒れしちゃって・・・」なんて会話をよく耳にしますが、その関係性についてはご存じでしょうか。ストレスを感じると体では何が起こるのか、そして肌荒れにどうつながるのか、そのメカニズムについて詳しく説明していきます。

美肌菌、大事に守ってあげましょう

美肌菌の働きや増やし方、そして減少を抑える方法についてご理解いただけたでしょうか?私たちの知らない間にもいせっせと働いてくれている健気な美肌菌。なんだか愛着が湧いてきそうです。

美肌のためにもここまで紹介したことに留意して、ちゃんと守ってあげましょうね!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大