知っているのに意外に実行できていない、顔の乾燥肌対策(冬編)

毎年冬から春にかけて顔がカサカサし、乾燥肌に悩んでいる人は多いはず。いつも自分の顔を見たり触ったりする度に憂鬱な気分になっていませんか?

乾燥肌を気にする女性

といっても日本ではどうしても冬は乾燥する傾向にあり、何らかの対策を考えなければあなたの肌はどんどんカサカサボロボロになってしまいますよ!高額な保湿クリームなどの化粧品をいくら使ったところで、根本的な環境を改善していかなければ意味はありません。

そして「そんなことくらいわかっているわよ!」と思われるかもしれませんが、本当に正しい乾燥対策はしっかりとできていますか?調べて知っているつもりでもすぐに忘れたり意識していなかったりすると、実は意外に実行できてないことが結構あるはずです。

もう一度基本からしっかりと頭に入れて、冬の乾燥肌を解消していきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

そもそもなぜ冬になると肌が乾燥するの?

冒頭から記述しているとおり1年の中でも特に冬は乾燥します。そもそもなぜ夏はあんなにジメジメして不快なほど湿度が高くなるのに、冬は乾燥するのでしょうか。

季節的・地理的な要因

まず日本は雪が降る国であることは誰もが知っていることですが、実はそれが冬になると空気を乾燥させる原因になっています。冬は北から寒い空気がやって来ますが、その際に大気中の水分が雪へと変わるため、水分の少なくなった空気が日本へやって来るからです。

では雪が降る地域はどうなのかというと、降らない所に比べれば湿度は高い傾向にあります。つまり日本海側はさほど乾燥しないのに対し、日本海側で水分を奪われた空気が太平洋側へ行くわけですから、日本の中でも太平洋側で雪の少ない地域というのは特に乾燥しやすいということになります。

もう外の空気が既に乾燥しているので、当然肌も乾燥しやすくなるということです。

 暖房器具による乾燥

こちらは言わずと知れたこと、既に皆さんが実感されていることだと思いますが、室内にいると冬は暖房をつけるため乾燥します。暖房で室温が上がれば上がるほど空気中の水分は蒸発していきますので、当然室内の湿度は下がっていきます。ただでさえ湿度の少ない空気を室内では更に蒸発させてしまうため、ますます乾燥してしまうというわけです。

以上2点が冬に乾燥しやすい大きな原因となります。

 季節的な要因は変えられない、室内環境や生活環境を改善して乾燥を防ごう!

当たり前ですが日本にいる限り、季節や地理的な要因での乾燥を防止することは不可能です。ではどこから改善していくかとなると、乾燥する室内環境の改善と、生活する上でできる対策を打つしかありません。ここでは対策をいくつかご紹介します。

使用する暖房器具を考えてみよう!

暖房器具にはたくさんの種類がありますが、主力なものとして

  • エアコン
  • 石油ファンヒーター

を使っている人が多いと思います。どちらが湿度を多く下げ、部屋を乾燥させる暖房だと思いますか?

正解は「エアコン」です。どちらも使ったことのある人であればすぐに分かるかもしれませんが、エアコンは目や喉が渇く現象が顕著に表れます。体感だけではなく湿度計を確認してみると、石油ストーブに比べ約5~10%近くもの差が出る場合だってあるんです。

ちなみにオフィス用の天井埋め込み型の大型エアコンを設置している場合、ほとんどが30%を下回るほど乾燥してしまいます。快適な室内の湿度が50~60%とされている中で、半分以下になってしまうほど湿度を下げます。これでは顔がカサカサになるのも当然です。

エアコンは水分を発生させることはありませんが、石油ストーブは石油を燃やす際にH₂O(水)を排出するため、若干の加湿効果をもたらします。

よって、自宅に石油ファンヒーターとエアコンの両方を設置している方は、石油ファンヒーターを使うことにより乾燥を軽減できるということになります。可能であればエアコンを止めてしまいましょう。

乾燥するエアコン

ちなみに石油ファンヒーターは小型の場合、5000円程度から購入することもできますよ。

簡単にできる毎日の行動スタイル見直し

冬は乾燥する要素がたくさんありますが、乾燥対策もいくつかを組み合わせれば効果を高めることができます。冬だけに限ったことではありませんが、対策をいくつか簡単に挙げていきますので、知っていてもおさらいのつもりでもう一度確認しておきましょう。

熱いお湯での洗顔を避ける

熱いお湯で洗顔すると皮脂が余計に洗い落とされてしまうため、ぬるま湯で洗うことを心掛けましょう。冬は寒いのでつい熱いお湯を使いがちです。

洗顔・入浴後のタオル使用時はこすらない

特に男性に多いですが、濡れた顔を拭く際にタオルでゴシゴシ力を入れてこする人がよくいらっしゃいます。肌へのダメージとなり、乾燥の原因になりますので押さえる程度にやさしく拭きます。

常に部屋の加湿を

加湿器が無い場合は濡れタオルを干すか、洗面器に水を入れて置いておきましょう。部屋の広さにもよりますが、湿度の数%上昇が期待できます。また、お風呂場開けっ放しも効果的です。暖房に対抗しましょう。

過度な脂性対策を止める

脂性を気にし過ぎて四六時中油取り紙を使用したりクレンジングをやり過ぎると、皮脂がどんどん失われて乾燥肌の原因となります。

十分な睡眠をとる

睡眠中は肌の補修や成長ホルモンの分泌を行います。睡眠不足により肌の状態は目に見えて悪化してしまいますよ。

ストレスを溜めないよう、適度に発散する

ストレスは万病の敵です。ストレスからくる自律神経や交感神経への影響は多く、肌荒れ・乾燥肌の原因となる可能性があります。

簡単にできる方法が多い、毎日続けることを心掛ける

本当に冬の乾燥は肌にとって厳しいダメージとなります。生活環境や行動の改善はお金も手間もかかりませんので、とにかく毎日意識して続けるようにしましょう。積み重ねがあなたの肌を少しずつ変えていくはずです。

顔を撫でる女性

いかがでしたか?冬の乾燥に負けず、カサカサの顔をしっとりとした美しい肌に変えてみましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大