シミやそばかすの原因を解説!気になる『消す方法』はある?

シミやそばかすを気にしている女性は多く、特に年齢を重ねるごとに増えてくるシミについてはいかにも歳をとったような印象になり、毎日メイクで隠すことが日課になっているという人も数多くいることでしょう。

シミがきになる女性

でもやっぱりいちいち念入りに隠すよりもシミやそばかすを根本的に消すことができれば毎日のメイクも楽になるし、すっぴん顔もより美しくなれますよね。

シミだけじゃなくてそばかすも?と思うかもしれませんが、それぞれできるタイミングや見た目やが違うというだけで、実は本質的にはどちらも同じものなので対策や消す方法は同じなんです。

今シミやそばかすを気にしている、またはこれからできないように予防していきたいという人はしっかりと内容を確認していきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

シミやそばかすができる原因って?

はじめに、シミ・そばかすができる主な原因について、それぞれ解説していきます。

シミができる原因

まずシミですが、こちらはほとんどが後天的な要因により発生します。つまり最初(小さい頃)は無かったのに歳をとっていくと発生するということですね。

具体的な原因としては紫外線の影響によるものがほとんどです。もちろん紫外線を浴びたからといって誰もが必ずシミができるというわけではありませんが、できるきっかけとしては紫外線が最も大きな原因となってしまいます。

紫外線を浴びると皮膚は細胞を守るために『メラノサイト』という色素を形成する細胞から『メラニン色素』を生成しますが、その色素こそがシミそのもの。もちろん誰でも同じようにメラニン色素は生成されますが、シミになるのはこのメラニン色素を肌の中からうまく排出できずに残った部分なんです。

紫外線によってメラニン色素ができ、排出されない。それこそがシミができる原因ということになります。

なぜメラニン色素が排出されない?

通常はメラニン色素が生成されても徐々に排出され、元の肌へと戻っていきます。これは肌の生まれ変わりサイクルによって肌表面の細胞が内側から外側に向かって押し上げられるように排出され、メラニン色素も例外なく最終的には肌から剥がれ落ちるように無くなります。

この肌が生まれ変わる仕組みのことを『ターンオーバー』といいます。※ターンオーバーの詳細については別途記事でも紹介しています。

への字口や不機嫌そうに見えてしまう口角(口の両脇)の黒ずみ。化粧で隠すしか方法はないと諦めていませんか?でも実は『ターンオーバー』という体の機能を正常に保つことができれば解消することができます。あなたの行動や治し方、もしかしたらNGかも…?

しかし何らかの原因によりターンオーバーのサイクルが遅れたり滞ったりすることによってメラニン色素はいつまでも排出されず、同じとろこに居続けることになります。そしてそれがシミになるわけです。

意外かもしれませんがもともとは肌を守るための働きがシミを作る原因になってしまうなんて、なんだか皮肉なものですね。

そばかすができる原因

そばかすはシミのようにスポットで大き目なものではなく、目の下や鼻周辺全体に小さ目のものがポツポツできるという違いはありますが根本的にはシミと同じようにメラニン色素で形成されています。そして色が残るという点もシミと同様にメラニン色素が排出されずに蓄積されるからです。

ただシミとは対称的にそばかすは先天性の場合が多く、5歳頃など幼少の時期から発生することがほとんどですよね。大人になってからそばかすが新たにできてきたと思っても、それは子供の頃からあったそばかすの色が濃くなったというケースでしょう。

そばかす

直接的な原因としては遺伝であると考えられており、遺伝子レベルでできるかできないかが決定されているようです。シミとは違ってわりと不可抗力なイメージがありますね。

消す方法・治す方法はあるの?

では気になるシミやそばかすを消す方法というのはあるのでしょうか?単純にというか無責任なことを言えば消せるとうたっているクリームや美容液を買えばもしかしたら簡単に治るのかもしれませんが、お金もかかるしどれを買ったらいいのか迷うこともあるでしょう。

ということでここではあえて市販のものを使わずに治す方法をご紹介します。

『ヨーグルト』をシミやそばかすに塗る

そう、みなさんがよく食べるヨーグルトです。あのヨーグルトを肌に塗ることによってシミやそばかすを消す効果が期待できます。

ヨーグルト

よく「ヨーグルトは美肌にいい」などということを聞いたことがどこかであるかもしれませんが、実はただ単に肌ツヤが出るということではなくヨーグルトに含まれる成分によって直接シミやそばかすを薄くしていく効果があるんです。

その秘密はホエーと呼ばれるヨーグルトに入っている液体。ホエーとは乳清というもので、これがシミやそばかすを消すのに大きな働きをしてくれます。今まで不要な水分だと思って捨てていた人も多いのではないでしょうか?

なぜヨーグルトがシミやそばかすに効く?

ヨーグルトのホエーにはタンパク質などが豊富に含まれていますが、タンパク質の一部であるアミノ酸、その他ビタミンやミネラルなどの物質によってターンオーバーを促進してくれるからです。

ターンオーバーが活性化するということは、メラニン色素によって黒ずんでしまった肌が元の肌に戻ろうとするサイクルが早まるわけなので、シミを薄くしていくスピードが早まるという表現がわかりやすいかもしれませんね。

また、ピーリング効果といって古い角質を落としてくれる効果もあるため、より早くシミを取り除くのに一役買ってくれることになります。されにはシミを防ぐという一石二鳥の効果ももたらしてくれるホエー、捨てちゃっていたあの液体にこんな効果があったとは驚き?

ヨーグルトの塗り方

ヨーグルトをがシミに効くからといって、スプーンを使ってベタベタ顔に塗りたくるというのもなかなか難しいことだと思います。部屋でやったらそこらじゅう汚れるし顔からはすぐしたたり落ちちゃうし…

ということで現実的な塗り方をご紹介しますが、まず使用するヨーグルトは『プレーンヨーグルト』を準備しておきます。

①ヨーグルトと小麦粉を1:1で混ぜ、粉っぽさがなくなってくるまでよくかき回す
②混ぜたものをコットンに含ませて顔に塗る
③5分から10分程度経ったら洗い流す

たったこれだけで簡単にヨーグルトを効果的に塗ることができます。小麦粉を混ぜる理由はヨーグルトのみを顔に塗った場合、水っぽさによりダラダラと垂れてしまうので小麦粉を使って少し粘り気を出すためです。

注意点

前述したようにヨーグルトにはピーリング効果があるため古い角質などを落としてくれる効果がありますが、やりすぎには注意してください。やりすぎると皮膚そのものをだんだん薄くしてしまい過敏な状態になってしまいます。人によってはヒリヒリする場合もあるかもしれません。

やりすぎはダメ

そんな状態ではシミを消すどころか紫外線による日焼けでさらにたくさんのシミができてしまうことになります。ヤケドのようになることも十分に考えられますので、頻度は3日に1日1回程度にしておくのが好ましいでしょう。

 予防も忘れずに!

シミやそばかすを消すように努力することも大切ですが、やはりそれよりも大切なことは『予防』をしてこれ以上増やさないということが重要ですね。いくら消せたとしても次々とシミができていってしまっては全く意味がなくなってしまいます。

シミの大敵『日焼け』対策をして紫外線をブロックしよう

シミなどができる原因のところで紹介したように、主な悪の根源は紫外線です。紫外線を浴びるとメラノサイトが大量に生成されてしまいますので、日焼けは肌にとって大敵というわけです。

日焼け止めに関することと、もし日焼けを不意にしてしまった場合の対処法を記載している記事を貼っておきますのでよく読んでしっかりと対策をしておきましょう。

とうとう紫外線の強い5月がやってきますが、日焼け止めの準備はできていますか?でも日焼け止めに書かれている『SPF』や『PA』という表示の意味をご存知でしょうか。普段何も考えずに購入しているのであれば注意が必要です。選ぶ際の参考に覚えておいてくださいね。
紫外線の強いこの季節、対策をしていたつもりなのになぜか日焼けで肌がボロボロになったという経験はありませんか?。肌を守るためにどうしたらいいのかをしっかりと頭に入れておき、紫外線の強いこの時期を乗り切りましょう。

ストレス・睡眠不足はNG

毎日寝る時間が遅く、慢性的な睡眠不足になっている人はたくさんいらっしゃると思いますが、これも注意しなければなりません。

ストレスや睡眠不足によってホルモンバランスが崩れるとメラニンが過剰に生成されてしまい、これもまたシミの原因となるので日頃の生活習慣を見直すことも必要になってきますね。

おそらくほとんどの人が『今すぐ直したい』と思うでしょうが、そのためにはこうした日頃の地道で実感の難しいことでも続けていくことが大切になってきます。いくら消すことをがんばってても予防を続けることができなければ意味はありません。

 

老け顔に見られるシミや気になるそばかすを解消したいのであれば、まずは自分でできる身近なところから実行に移してみましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大