お酒やアルコールが肌荒れの原因に その理由と対策

この時期、忘年会や新年会が続き、お酒を飲む機会が増えていたのではないでしょうか。そんな中で、最近顔の肌荒れがひどくなってきた気がすると思ったことはありませんか?

そんな経験がある、または今現在そう思っている人がいるかもしれませんが、実はお酒、つまりアルコールを摂取することと肌荒れには深いつながりがあるのです。

ビール

ではなぜ肌荒れがおこってしまうのか、その理由やお酒を飲む際に注意すべきことを説明していきますので、お酒が好きな人やお酒を飲む機会の多い人はしっかりと内容を確認し、肌荒れ対策をしていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

お酒やアルコールはなぜ肌に悪影響をもたらすのか

まずは、アルコールの影響によって肌荒れがおこってしまう原因についてです。さまざまな要素によって肌に影響を及ぼしますが、代表的な原因をいくつか挙げていきます。

アルコール分解のため、美肌を保つ栄養素が使われる

お酒を飲むとアルコールが体内に蓄積されることになりますが、当然アルコールは人体に必要な栄養素ではないため、体は自然と肝臓機能をフル活用しアルコールを分解しようとします。

分解といっても肝臓が簡単にしてくれるわけではなく、その際にはビタミン等の美肌に必要不可欠な栄養素を大量に消費しながら分解していきます。当然美肌を保つための栄養素が必要以上に消費されるわけですから、その状態になると肌がいつも以上に荒れてしまうのです。

お酒の強い人・弱い人の差は当然ありますので一概には言えませんが、飲めば飲むほど肝臓もたくさん仕事をすることになるため栄養素はどんどん失われていきます。普段からビタミン不足の人などは特に、たった一晩飲んだだけでもそうした要因によって翌日すぐに肌への影響が露骨に現れる人もいます。

体の機能がいつも以上に働くということは、それだけ栄養素が消費されているということを覚えておきましょう。

脱水状態による保湿機能の低下

別途むくみについての記事にアルコールと水分の関係についての詳細を記載していますが、栄養素と同様に、アルコール分解のためには大量の水分を消費します。よって、酔っぱらうほど飲んだ時には既に脱水症状になっており、水分の抜けた体は肌の潤いを保護する成分が足りない状態となります。

参考記事

普段なんとなく「顔がむくんでるなぁ…」なんて思いながらもなぜむくんでいるのか、そして解消するためにはどうすれば良いかを知らない人がほとんどです。顔痩せをする前に、まずはむくみを解消して小顔に一歩近づいてみましょう。

そうすると翌日にはいつも以上に肌がカサカサしていたり、化粧のノリが悪かったりする状態になってしまうのです。飲みに行っている間ひたすらお酒を飲み続けている人は要注意!

肝機能低下による毒素(老廃物)の排出能力が低下する

こちらもアルコール分解時のこととなりますが、飲酒時はアルコールを分解することを優先的に行うため、肝臓は本来行うべき毒素の排出作業を一時的にストップしてしまいます。

毒素とは老廃物のことを指しますが、当然顔に蓄積された老廃物の排出や循環についても後回しにされてしまうため、循環が悪くなった顔の肌の状態は良いはずがありません。肝臓は肌に多大な影響を及ぼす器官なんですね。

その他の間接的な要因

アルコールが直接体に及ぼす影響以外にも、その他にもたくさんの要因で肌荒れが起こります。

まずはタバコの吸い過ぎによるものです。喫煙者の人は特に、お酒を飲んだ時にはタバコがいつも以上に吸いたくなりついつい多めに吸ってしまいます。するとどうなるかというと、ニコチンにより栄養を運ぶ血液の循環が悪くなります。美肌に必要な栄養素が顔まで届きづらくなり、結果的に肌荒れや乾燥を起こします。

この要因は大きく、こうした状況が何度も続くと顕著に肌の状態は変わってきます。とある有名な写真で、一卵性双生児でソックリなはずなのに、喫煙者と非喫煙者によって別人のように肌やシワの状態が違うことがよく分かる写真があります。

喫煙・非喫煙によって顔が違う双子の女性

説明せずともどちらが喫煙者なのかおわかりですね?肌やシワだけでなく、歯の状態まで全く違います。これだけ喫煙は顔に悪害をもたらすのです。たった一晩でここまでの差はさすがに出ませんが、少なくとも喫煙は避けた方が顔にとっては良いということがよくわかるかと思います。

喫煙者でなくとも、周りにタバコを吸う人がいて副流煙を吸い込んでしまうと同じ現象が起こります。あなたの周りは大丈夫ですか?

次は食べ物についてです。居酒屋やお洒落なバーに行くと食べ物はおいしいものばかりですよね。いつもダイエットしてるんだから飲みに来た時くらいは…なんていう勢いで、ついつい脂っこいものやしょっぱいものばかり食べてしまう場合があります。

しょっぱいものについては摂取し過ぎると塩分を中和するために水分を消費してしまいますし、脂っこいものは皮脂が過剰に出てニキビの原因となることもありますので注意が必要です。

他には、お酒を飲むのはほとんどが夕方から夜にかけてだと思いますが、中には朝方まで飲む場合もあるでしょう。次の日が休みでゆっくりと寝ることができる場合は別ですが、用があったり仕事があったりしてちょっとしか寝れなかった!なんていう場合は睡眠不足となり、肌荒れの大きな原因となります。また、睡眠不足は大きなストレスにもなりこれもまた肌荒れにつながります。

寝ている間は成長ホルモンや肌の修復をする成分が分泌されますが、短い睡眠になってしまうとその分修復が追い付かず肌荒れ状態になります。また、遅くまで飲むことによって眠くなり、帰宅後メイクも落とさずにすぐ寝てしまう場合もありますが、それも肌への負担が大きいので良くありません。

メイクも落とさずに酔って寝る女性

以上のことからお酒を飲みに行くこと、またはアルコールを摂取することによりたくさんの悪影響が肌に襲い掛かることが分かったかと思います。

でもお酒が大好きだったり飲み会に参加するのが好きな方は、そんなにお酒を我慢できません。お酒を飲むと肌が荒れるんだったら飲めないじゃん!とお思いかもしれませんがそんなことはありませんのでご安心ください。

肌荒れを少しでも防ぐお酒との付き合い方

今まで記述したことに関して考えるとまるでお酒を飲むのが悪いような内容になってしまいましたが、別にお酒を飲むこと自体が悪いということではありません。

ではどうすればお酒を飲んでも肌荒れを軽減できるのか。飲み会などでの注意点や対策をお伝えします。

適量、適時でやめておく

単純な事だけどとても難しいことです。お酒が好きな人にとってはかなりの難関になるかと思いますが、単に肝臓への負担や水分不足を減らすために摂取するアルコールの量を減らしましょうということです。

しかし周りの人がおいしそうにたくさん飲んでいると我慢するのは至難の技です。「今日は〇杯だけ!」または「〇時になったら帰る!」といったように、あらかじめ決めておいて宣言するのもいいかもしれません。宣言したところでほとんどが周りの人に「まだ大丈夫でしょ」などと引き止められますが…

とにかく飲み過ぎを無くせば肌荒れは軽減されます。飲まないでお酒の席にいるのは苦痛なので帰宅した方がいいと思いますし、早く帰れば睡眠不足も同時に防止することができます。

適切な量を飲み、遅すぎない時間に帰るよう心掛けましょう。

水分を取りながらお酒を飲む

こちらは脱水を防ぐためです。お酒を飲んでいる時に水を飲めと言われても難しいとは思いますが、せめて5杯飲んだら1杯くらいは水やウーロン茶を飲むなどして水分不足になるのを避けましょう。

こちらも酔っぱらってしまってからは忘れがちになるかもしれませんが、頭痛や二日酔い防止などにも効果がありますので是非とも意識しておくようにしましょう。

2月あたりは少しお酒を飲むイベントが減ったとしても、3月から4月は新年度への変わり目ということもあり、歓送迎会などお酒を飲む機会がまた増えるかと思います。そんな時でもお酒の影響で顔がボロボロにならないように、今回の内容を思い出して自分できちんと管理してくださいね!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大