鼻の毛穴開きや黒ずみ汚れを解消し、いちご鼻とサヨナラする方法とは

女性だけでなく、男性でも多くの人が悩みを抱えている鼻の毛穴の汚れ、いわゆる「いちご鼻」ってとても気になりますよね。

いちご鼻

気が付けばお風呂上りなどは毎日のように鏡を見ながら指で「ニュ~ッ」と汚れを押し出していませんか?しかも毎日押し出しても次から次へとすぐにまた汚れていってしまうんですよね。

どんなにカッコイイ人・カワイイ人でも鼻に目をやるとプツプツとした黒ずみが見えてしまうと、なんだか魅力半減のようにも思えてきます。やはり鼻は顔のパーツの中でも最も立体的であり目につきやすいものですから、そういった汚れがあるとついつい目がいってしまいます。

今回はそんないちご鼻の解消方法や毛穴の汚れや開きの原因、そして解消方法について解説していきますので、ツルツルとした美しい鼻になれるようにしっかりと内容を覚えましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

毛穴が黒くなる原因はたくさんある

冒頭にも記述したとおり、毛穴の汚れは毎日絞ってきれいにしたとしても翌日にはまたすぐに汚れてしまいますよね?これは、汚れる原因が複数あることからそのいくつかが組み合わさってしまい、こんなにも早く汚れてしまうのです。

まずはその鼻の毛穴が汚れる原因を見ていきましょう。

顔を触ることによる直接的な汚れ

私たちは無意識のうちによく顔を触っています。その中でも鼻を触ることがかなり多いのですが、その際に手の汚れが毛穴の中に擦り込まれることになってしまうため、毛穴の中にはどんどん汚れが溜まっていきます。

実際に手が目に見えるほど汚れていなそうであっても、常に色々な物を触る手や指には見えない汚れがたくさん付着しています。そんな小さな汚れだったとしても、何度も鼻を触ることにより徐々に毛穴の中に溜まってしまうのです。

特にパソコンのキーボードやスマホなどは汚れに加えさまざまな菌も多く付着しており、それを触った手で顔を触ると毛穴汚れに加えニキビの原因にもなってしまいます。

キーボードを触る女性

乾燥や洗顔のしすぎなどによる皮脂の過剰分泌

毎日必ず顔を洗うと思いますが、この時使う洗顔フォームによっては顔の皮脂を根こそぎ洗い落としてしまうような強力な成分の入った物もあります。特に男性用などで「アブラをしっかり落とす!」「超サッパリ!」などという表示のある物については要注意です。そのとおり完全に脂分が失われてしまいます。

脂分を取ること自体が悪いわけではありませんが、洗顔後そのままにしていると顔が強烈にパリパリして乾燥することが実感できると思います。そしてその後そのままの状態でいると体は「皮脂不足」だと認識し、過剰に皮脂を分泌してしまいます。

その皮脂は結果的にオイリーな肌を造り出し、毛穴の中にも皮脂がびっしりと詰まった状態になってしまいます。するとその皮脂が固まり汚れも付着しやすくなり、あっという間にいちご鼻の出来上がりというわけです。

POINT熱いお湯で顔を洗うのも皮脂を落とし過ぎる原因になります。熱で皮脂が無くなり、これも過剰分泌の原因となってしまうのです。皮脂は取り過ぎると過剰に分泌されて余計に増えるということを覚えておきましょう。

化粧をしっかり落とせていない

男性の場合はほとんど化粧をしないと思いますが、女性は毎日のようにします。特にファンデーションは肌に擦り込むように塗りますので、毛穴の中にも蓄積されていきます。そうした化粧を毎日しっかりと洗い落とせていれば良いのですが、時間がなかったりやり方を間違っていると翌日まで毛穴の中に残ってしまうため、ファンデーションその他化粧成分そのものが汚れになり、毛穴汚れの原因となってしまいます。

特にお酒を飲んだ後に顔も洗わずすぐ寝てしまうあなた!気を付けてくださいね。

汚れの絞り過ぎによる毛穴の開き

毛穴の汚れを見付けてしまったら、ほとんどの人が絞って出す傾向にあります。しかもきれいにあの汚れが鼻の表面からニュルニュルと出てくると気持ちがいいんですよね!

でもこの行為を毎日日課のように続けてしまうと、毛穴はどんどん開いていくことになります。毛穴が広がるということはその分汚れも入りやすい状態になるということです。

POINTまた、「鼻の毛穴パック」も販売されていますが、パックも使いすぎると絞った時と同様に毛穴が開いてしまう原因になりますので注意してください。毛穴は表面(入口)が狭く中が広いため、手で絞った時だろうとパックで引っ張った時だろうと必ず毛穴を広げて出てきます。

「絞っていないから大丈夫!」ということではありませんので覚えておいてください。

開いた毛穴を元に戻し、汚れを防ぐには?

ではこんなにたくさんの原因があるいちご鼻ですが、これを解消することはできるのでしょうか?

いちご鼻解消を悩む女性

取っても取っても出てくる毛穴の汚れ、どうせ明日にはまた復活するんでしょ?と思っているかもしれませんがご安心を。いちご鼻はちゃんと治すことができますし、すぐに毛穴が汚れないよう対策をすることもできます。もちろんしっかり毎日続けることが前提であり、明日からもう毛穴は汚れない、詰まらないということではありません。

まずは汚れそのものを除去する

鼻の毛穴汚れを取る方法は、主に2つあります。

一つは手で絞る方法で、もう一つはクレンジングによってきれいにする方法です。あれ?どっちもいちご鼻の原因になることなのでは?とお思いでしょうが、どちらもやり過ぎなければ大丈夫です。要は「毎日何度も絞る・顔の皮脂を取り過ぎる」ということをしなければいいのです。

ある程度は毛穴の汚れを除去してから対策をしないと、結局は汚れを毛穴に閉じ込めてしまうことになります。それを防止するためにも毛穴の汚れはきれいに保つことが必要です。

まず、絞るのは痛みを感じない程度の力で出てくる汚れだけにしておけば、無理に毛穴を広げることもなくある程度まできれいになります。お風呂上りは毛穴が自然に緩まって広がりますので、絞るのであればこの時がベストです。

ただ、爪を使って絞るのは絶対にやめましょう。肌荒れや内出血の原因になりますし、絞った箇所全体が黒ずんでしまう場合があります。指の腹でゆっくり広範囲に絞ってください。

洗顔についてもゴシゴシこすらずに泡で洗うようにやさしく汚れを落としましょう。これだけでも大分汚れが落ち、鼻の毛穴はきれいになります。

冷やして毛穴を引き締め、汚れが入りづらくする

汚れを落としたら、次はなるべく汚れが入りづらくするための措置が必要です。ということは単純に毛穴を狭くしてしまえばいいんです。

毛穴は冷やすことによってキュッと締まり入口が狭くなりますので、汚れが入りづらくなります。これだけでも汚れ防止にはかなりの効果がありますので、例えば保冷剤などを使用して鼻の毛穴を引き締めてみましょう。もちろん凍傷になるほど長時間鼻にくっ付けておくようなことは避けてくださいね。

冬はぬるま湯で洗顔後、最後に真水で顔を洗うのも毛穴の引き締め効果がありますよ。

洗顔をする女性

保湿により肌の表面を柔らかく保つ

一見、保湿と毛穴の汚れは無関係に感じるかもしれませんが、保湿することにより肌を柔らかくして毛穴の凹凸を解消する効果があります。デコボコのままだと汚れは付着しやすくなってしまいますからね。

そのデコボコは肌が乾燥しているとパリパリに硬くなり、いつまでもそのままの状態を保ち続けてしまいますが、乾燥を解消し保湿することによって肌が柔らかくなると表面が平らな状態になります。すると汚れも付きにくくなって毛穴の黒ずみも予防しやすくなるというわけです。

なるべく顔を触らないように心掛けよう

顔を触らないように、というのはなかなか難しいことではありますが、できるだけ無意味に顔を触る癖などがある場合はまずそれを解消してみましょう。どんなところにも汚れの原因は存在し、私たちは必ずそれらを触りながら生活しています。できる限り顔を触らないようにして鼻の毛穴に汚れが入らないように心掛けてみましょう。

また、ティッシュも清潔でホコリの付きにくい所に置いておき、鼻をかんだ際などに汚れが付着することがないよう注意してください。人のよく歩く所などに置いてあるティッシュには、白くて見えにくいだけで意外にホコリが付着していますので…。

毛穴の汚れや黒ずみを解消するのはなかなか大変なことです。しかしいつまでも一時しのぎを繰り返していても根本的な解消にはなりません。時間は掛かるかもしれませんが、どんな些細な要因もなるべく取り除いて少しでも早くいちご鼻が解消できるようにがんばってみましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大