女性なのにヒゲが太くて濃いのはなぜ?その原因と処理方法

「ヒゲが太い・濃い」と悩む男性は数多くいらっしゃいますが、ヒゲについて困っているのは男性に限ったことではありません。最近では女性も意外に気にしている人が多いようで、女性のヒゲについての情報も数多く存在しています。

男性から見るとそんなに目立つような人はめったにいませんが、なるべくヒゲが見えなくなるように日々どうしたらいいのかを模索し、一生懸命化粧で隠したりと見えない努力をしているものです。

ヒゲが気になる女性

そんな女性にヒゲが濃くなる原因や、気になる処理方法を解説していきます。

スポンサーリンク
レクタングル大

女性でも髭が濃くなる原因はなぜ?

一般的には男性のようにジョリジョリするほど太く濃いヒゲの女性はほとんどいませんが、やはり産毛が目立つという悩みを抱えている人が多いようです。まずはヒゲが濃くなる原因を確認してみましょう。

女性ホルモンが減少、または男性ホルモンの増加により濃くなる

ヒゲが生えてきたり増えたりする代表的な原因は、女性ホルモンの減少にあります。簡単に言えば女性ホルモンは、女性らしい特徴を維持するための大事な要素であり、特に体型や毛量などに大きく影響するのです。

この大事な女性ホルモンは30歳を過ぎたあたりから加齢と共に減少していく傾向にあり、60歳近くになるとその分泌量は微々たるものになってしまいます。

では若ければたくさん分泌されるのかというと、必ずしもそうとは限りません。いくら若くてもホルモンのバランスが崩れればあっという間に減少しますし、逆に男性ホルモンの分泌量が多くなってしまうのです。

女性ホルモンと男性ホルモンの逆転

ここで「女性なのにどこから男性ホルモンが出てくるの?」という疑問が出てくるでしょうが、元々女性にも男性ホルモンは存在しています。女性であれば、通常は女性ホルモンの働きが強く男性ホルモンの働きを抑制しているのですが、ストレスや体調不良、睡眠不足、そして無理なダイエットなどが原因となり、ホルモンバランスが崩れると男性ホルモンが活発になってしまいます。

そして男性ホルモンは男性らしい特徴を造り出す働きをするため、分泌量が増えるとたとえ女性だろうとヒゲが生える・濃くなるといった症状が出てきます。ちなみにヒゲだけではなく髪の毛以外の体毛も濃くなるなど、全体的に特徴が男性に近づいていくことになります。

あなたの生活習慣は大丈夫ですか?

剃りすぎによる体の防御反応で濃くなる

女性であれば誰でも、ヒゲなんかを発見したらまずすぐに剃ると思います。産毛とはいえそのまま放置していると目立ってしまいますからね。

しかし剃りすぎはヒゲを濃くする原因となってしまいます。何度もカミソリなどでヒゲ剃りを行うと、体はカミソリの刺激から皮膚を守るためにその箇所の体毛を濃くする場合があります。

例えば摩擦や圧力が頻繁に掛かる部位にはタコができたり皮膚が厚くなったりと、体は状況に応じて変化します。それと同じように、気になるからといってカミソリで頻繁にヒゲ剃りをして皮膚を刺激すれば、濃くなる可能性も十分にあるのです。

「とりあえず見つけ次第剃っておこう」と頻繁なペースで剃ると、逆にヒゲを濃くしてしまう場合があるので注意しましょう。

剃ることにより毛の表面積が広く見えて濃く見える

通常、体毛は毛先に向かって尖った形をしており、図形で言うならば三角錐の形をしています。

そうして生えている毛をカットすることにより円錐が円柱に近い形になってしまうため、黒い部分(断面)の表面積が広く見えてしまいます。その結果ヒゲが太く、濃くなったように錯覚してしまうのです。男性でもそうですが「髭は剃ると濃くなる」と言われているのにはこうした理由があるからです。

円錐が円柱になるイメージ

こちらについては「濃く」というよりも断面が「太く」見えるということですね。

色素沈着により黒くなり、濃く見える

頻繁に剃るとカミソリなどの刺激により、肌の色素が沈着して黒く見えてしまいます。特に鼻の下などが黒くなるとまるでヒゲが生えているかのように見えるため、目立たないようにと毎日マメに剃ることにより逆に目立つことになってしまうのです。

敏感肌の人は色素沈着だけではなく、肌が荒れて赤くなったりただれたりする場合もありますので、特に注意が必要です。

ひげを薄くする方法や処理方法はどうすれば?

主にこれまで解説したような原因によりヒゲは濃くなったり太く見えたりすることになりますが、やっぱりヒゲを目立たなくするための一番の方法は根本的にヒゲを薄くする、もしくは生えないようにすることではないでしょうか?

ただ、その方法で思い浮かぶのはレーザー脱毛エステでの脱毛ではありませんか?それならば確かに効果的な方法ではありますが、なにしろ万単位でお金が掛かります。それに脱毛したからといって、再度100%生えてこないというわけではありません。生えてくる都度脱毛するとなると大金が必要ですし、手間も掛かってしまいます。

他にも毛抜きで脱毛をすると毛穴が開いて菌が入りやすくなり、ニキビの原因になることもありますので、脱毛によるヒゲの処理はあまりおすすめできません。

ではどのような方法でヒゲが生えないようにすれば良いのでしょうか?

女性ホルモンを増やす

最初の方でも書きましたが、ホルモンバランスにより男性ホルモンが優位に立っているとヒゲが生えやすくなります。ということは女性ホルモンの働きを活性化させればその分男性ホルモンは減少していくのです。

まずそのために一番必要なことは体調管理になりますので、不規則で不摂生な生活や無理なダイエットをしている人は、普段の生活を改善するよう心掛けましょう。特に睡眠はホルモンバランスを整える大事な要素ですので、睡眠不足にならないよう規則正しい生活をしてください。

眠そうな女性

ただ、一時的な生活改善だけで効果を得るのは困難ですので、常にこうした意識を持ちながら基本の生活パターンを改善するよう考えてみてください。

大豆イソフラボンで”疑似”女性ホルモン作用を得る

女性ホルモン自体を簡単に増やすことは困難ですが、女性ホルモンと非常に似ている働きをするものがあります。それは大豆イソフラボンというもので、これは大豆が原料である納豆などにも含まれている成分です。

この大豆イソフラボン自体で女性ホルモンが増えるというわけではありませんが、女性ホルモンに含まれるエストロゲンというホルモンと同じような働きをするため、ホルモンバランスを調整してくれるのです。エストロゲンは別名『美肌ホルモン』とも呼ばれることもあり、ニキビ予防や皮脂の抑制にも活躍する一石二鳥なホルモンなのです。

こうしてできるだけ男性ホルモンを抑制することこそが、根本的にヒゲが生えないようにするための一番の方法となります。

納豆などの他にも大豆イソフラボンのサプリ等も販売されていますので、そちらを購入して摂取するのもいいのではないでしょうか。

ヒゲ剃りはやさしく丁寧に、頻度は控えめに

ホルモンバランスを調整するまでには少々時間も掛かりますし、どうしても剃らざるを得ない人もいらっしゃると思います。剃りすぎても良くないのであれば単純に剃る回数や頻度を減らせば良いわけですが、その際にもジェルやクリームを付けて、できるだけ肌に刺激が無いように注意して剃るようにしましょう。

肌への刺激や負担を考慮して頻度は週1回程度に留めておき、毎日剃るのは控えるようにしてください。

女性なのにまるで男性のようにヒゲが濃いというのは本当に深刻な悩みだと思います。太く、濃くなってからの対処には時間が掛かってしまいますので、今現在ヒゲに悩んでいない女性もこれからのために普段からホルモンバランスをしっかりと整え、ヒゲが生えてこないよう予防しておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大