花粉が肌荒れを引き起こす原因に 効果的な対策とは

寒い冬もそろそろ終わりが近づき、まもなく暖かい春がやってきます。多くの人はこの季節を喜ぶものですが、花粉症の人にはつらいという気持ちの方が大きいのかもしれませんね。

スギ花粉の飛散

花粉症と言えば鼻水や涙が出る、もしくはくしゃみが出るといった症状がほとんどですが、他にも花粉が舞う季節になると肌荒れが急にひどくなるという経験をしたことはありませんか?もしかしたらそれは花粉が原因なのかもしれません。

肌荒れと花粉は一見関係なさそうに思えますが、実はこの花粉が春の肌荒れを引き起こす原因になることもあるのです。毎年この季節に肌荒れやかぶれが気になるようであれば、今のうちからしっかりと対策をしておかないとだんだんひどくなり、肌もボコボコになってしまうかもしれません。

今回は花粉と肌荒れの関係性、そしてどうやったら花粉による肌荒れを防止できるのか、対策についても説明していきますのでしっかりと読んでくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル大

なぜ花粉で肌荒れが起こるのか

まず気になることは、花粉が原因の肌荒れとはいったいどのような原理で起こるのかということだと思いますが、これにはいくつかの原因があります。

花粉によるアレルギー症状のひとつ

冒頭にも記述したとおり、花粉症の代表的な症状と言えば鼻水や涙が止まらなくなるというイメージが強いですよね。一般的に見ても周りの人たちの症状はほとんどそうだと思います。しかし必ずしも鼻水と涙になって現れるというわけではありません。

花粉症で鼻をかむ女性

人間の免疫機能は体内に入った花粉を敵とみなし追い出そうとしますが、最も多いのがこの時過剰に鼻水や涙を出して追い出そうとするタイプのアレルギー反応です。しかし人によってはこれだけでは納まらず、過剰反応として免疫が関係のない無害な細胞や物質にも攻撃を行ってしまう場合があります。

この時皮膚に対しても攻撃をすることがあり、これが肌荒れやかぶれを引き起こす原因になることもあるのです。症状のひどさは人によって差がありますが、皮膚が赤くなりかゆみを伴う場合が多いようですね。中には顔が全体的に腫れてくるということもあるようです。この症状はどちらかと言うと内部(体内)の要因となります。

また、外部的な要因として花粉症皮膚炎という症状があり、これによって肌荒れを起こす場合もあります。

花粉症皮膚炎とは

乾燥などにより花粉などから体を守るはずの角質の防御機能が失われ、花粉の成分が体内に入り込みアレルギー反応を起こす症状です。

冬から春にかけては空気が乾燥する季節となりますが、この乾燥が原因で肌もカサカサと乾燥することから本来肌を守るべき角質が機能を果たさず、花粉等の異物が体内に入りやすくなってしまいます。顔に付着した花粉が体内に入ろうとすると肌荒れやかゆみなどを伴うアレルギー反応が起こり、肌荒れや炎症を引き起こすというわけです。

特に髪の長い女性は要注意です。髪に付着した花粉が常時顔に触れることになりますので、顔に花粉が付着しやすい状況になっているからです。花粉の多いこの季節は髪を束ねるなどしてできるだけ顔に髪の毛が付かないように工夫すると良いでしょう。

毛穴の詰まりを引き起こすため

アレルギー症状がない場合でも花粉による肌荒れが起こる場合がありますが、それは花粉が毛穴を詰まらせてしまうことが原因で起こります。毛穴が詰まると逃げ場を失った菌が毛穴の中で増殖しニキビなどが発生しやすい状態となるため、赤みを伴う炎症を引き起こす場合もあるのです。

花粉は毛穴よりもはるかに小さいため簡単に入り込むことができるのです。

花粉による肌荒れ対策の方法とは

では花粉が原因の肌荒れを防ぐためにはどんな対策をすればいいのでしょうか?外出しないわけにもいかないと思いますので、たくさんの花粉が舞うこれからの季節でも自分でできる対策を覚えておくと安心ですね。

化粧・メイクで肌への直接的な付着を防ぐ

まずは花粉が直接肌に付着するのを防ぐことが大切です。直接付かなければ外部的要因のアレルギー症状を抑えることができますし、花粉が毛穴を詰まらせることも予防することができます。

既に肌荒れを引き起こしている人は「余計にかぶれそうだから化粧しない方がいいのかな?」と思うかもしれませんが、ここでメイクをしないままにしていると次から次へと花粉が付着し、余計に症状が悪化してしまいます。いつもより念入りにすることはありませんが、いつも通りのメイクは施しておいてください。

使用するファンデーションはリキッド(液体)タイプを下地とし、その上にパウダーを使用すると良いでしょう。パウダー使用することにより花粉が付着しづらく、リキッドタイプのファンデーションで肌への接触を避けることができるからです。

リキッドタイプのファンデーション

しかし花粉症になると何かと過敏になっていることもありますので、パウダーですら刺激になり花粉症の症状が悪化する場合があります。その場合は無理にパウダーを使用しないようにしてください。一度試してみて症状を確認してみましょう。当然のことながら刺激の少ない、自分に合ったものを使いましょうね!

また、メイクと共に保湿をいつも以上に心掛けるようにしてください。乾燥により花粉症皮膚炎を発症する場合がありますので注意が必要です。それに乾燥によってメイクののりが悪くなり花粉が肌に接触しやすくなる、そしてまた炎症により肌が荒れ乾燥しやすくなる…という悪循環に陥ることになります。

乾燥対策については下記記事をご覧ください。

冬は顔がカサカサと乾燥して困っちゃいますよね。でもなぜ冬になると乾燥するのか、その理由はご存知ですか?環境や普段の生活の改善によって乾燥肌を防ぎ、うるおいのある肌を保つ方法をお伝えします。

帰宅後すぐに洗顔を行う

メイクによって花粉を予防していても、やはり顔への付着をゼロにすることはできません。帰宅後、いつまでも花粉が付いたままになっていると、化粧の落ちと共に花粉が顔へ付着する機会が増えてしまいます。家に帰ったら速やかに洗顔を行い、外で付いてきた花粉を洗い流してください。

花粉は顔だけではなく衣類や手、髪の毛にもたくさん付着しますので、できることならすぐにお風呂に入ってしまうのがベストです。同時に洗濯もすぐにしてしまえば花粉と接触する機会は大分減りますね。とにかく家の中や生活スペースに花粉がある状況を減らすように心掛けてみましょう。

POINT洗剤や柔軟剤によっては静電気防止効果のあるものが販売されています。静電気を防止することにより花粉が付着しづらくなりますので、洗濯物を干す時に心配な人は購入してみてはいかがでしょうか?

静電気防止効果を施した洗濯物

食生活で花粉症を改善する

顔の肌荒れを予防・改善するためには食事による療法も効果的です。アレルギー症状そのものを抑えることができれば肌荒れにつながる原因も排除することができるからです。

ではどんな食べ物が良いのかを紹介していきます。

最も簡単で手間も掛からない食べ物は『ヨーグルト』です。ヨーグルトには乳酸菌が含まれていますが、これにはアレルギー症状の原因となる免疫の過剰反応を抑える働きがあります。コンビニでもどこでも買えますし、調理不要なので楽に摂取することができますね。

花粉症対策としてネットでよく見かける『レンコン』ですが、こちらについては埼玉医大の教授が検証した結果、620人中8割ほどの人に改善効果があったというほどお墨付きの花粉症対策です。

花粉症に効くレンコン

レンコンにはタンニンなどのポリフェノールが多く含まれているため、こちらについても花粉に対する過剰反応を抑えアレルギー症状を改善する働きがあります。輪切りにしたものを1日3個程度食べるだけで、約2週間程度から改善効果が出てくる人もいるようです。

他にもたくさんアレルギー症状を抑制する食べ物がありますが、ここでは紹介しきれないため他の食べ物が良いのであれば是非調べてみてくださいね!食事で体内から改善していくことにより肌への影響も減りますので、肌荒れを改善する効果が期待できます。簡単にできることはまず試してみましょう。

これから本格的に花粉の飛散がひどくなりますので、肌荒れする前にまず花粉症の症状を予防し、春からの新年度に向けてしっかりと花粉対策をしておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大