深い眉間のシワを自分で消す方法!実はこんなに簡単だった

どんなに美しくかわいい女性でも眉間のシワがひとつあるだけでイメージが180度変わってしまいます。顔全体にできるシワでもなければ決して長い・大きなシワでもないピンポイントなただの縦ジワなのに、人の表情というものは不思議なものですね。

眉間のシワ

しかもなぜか一度眉間のシワが目立ってくるとだんだん深くなって痕が残っているような気がしませんか?あんなシワがずっと残るのかと思うとちょっと憂鬱になってしまいますよね。中には「歳だからしょうがない」と諦める人も多いはずです。

深いシワをとる方法で思いつくのはボトックス注射など、ちょっと整形に手を出してしまうようで気が引けるということもありなかなか手を出しにくいのが現実だと思います。

でもご安心ください。ちゃんとケアをすることによって眉間のシワは簡単に自分で消すことができます。まずはシワができてしまう原因を確認して、シワを消す方法から予防方法までを詳しく覚えていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

眉間のシワ!まわりからはこんなふうに見られます

眉間にシワが寄っていると他の人からはどう見られるのか。決して良い印象にはなりませんよね。いくらいかつい顔になっているからといって『カッコいい』なんて思う人はほとんどいないはずです。

男性だと眉間にシワが寄っている人をよく見かけますが、そこをカッコいいかと言えばそうはならないですね。女性でもそれは同じことです。

不機嫌・怒っているように見られる

あえて言うほどのことでもありませんが眉間のシワに対するイメージとして最も当てはまる表現は『不機嫌そう、怒っている顔』の印象ですね。

無愛想にも見えますしそんな顔を美しい・かわいいなんて思うことは皆無です。愛想の悪そうな人はいくら顔が美人だとしても良い印象をもたれることがないので、眉間のシワは美人顔を台無しにするほどのマイナスな要素になってしまいます。

眉間にシワが寄っている女性

やっぱりこれはなんとしてもシワを解消したいと思いますよね。

眉間のシワってなんでできるの?

じゃあなぜ眉間にシワができてしまうのかということは気になるところですね。誰もが平等にあるというわけでもなくたとえ同じ年齢でもシワがある人とない人がいるし…この差はなぜなんだろうと思う人も多いはずです。

解決に向かうために、まずは眉間にシワができる原因を突き止める必要があります。その考えられる原因をいくつかご紹介していきますね。

しかめっ面など、眉間にシワを寄せる表情の癖がある

眉間のシワができる原因として最も多いのが表情の癖によるものです。

説明するまでもないでしょうが、しかめっ面をするとどんなに美人でも眉間にシワが寄りますね。もちろん少し表情を変えたところでシワがつくことはありませんが、こういった表情の癖がある人は毎日何年もの間眉間にシワを寄せていることになります。

こんなちょっとした癖でも長く続いてしまうとずっと同じところにシワが寄ってしまうことになり、さすがに痕がついてしまいますね。

表情は誰もが感情に合わせて変化するものですが、特にしかめっ面や怒った顔をする癖が多く普段から眉間にシワを寄せるような表情ばかりしていると、だんだん深くくっきりとしたシワが残ってしまうことになります。

しかめっ面の女性

さすがにこんな顔でずっと過ごす人は…いないでしょうが。

視力が悪い・もしくは目が疲れているとしかめっ面になりやすい

視力が悪かったり目が乾燥して疲れた時にはどうしても目を細めてものを見るようになってきます。

たとえば遠くにあるカレンダーや時計を見る時やパソコンのモニターを長時間見続けて目がかすんで見えづらくなった時などは、つい目を細めて注視してしまうんですよね。

これは誰もが経験のあることだと思いますし、職場や学校で他の人を見てみてもこうした癖がある人はたくさんいます。もしそんな場面を見かけたらその人の眉間をよく見てみましょう。確実にシワが寄っているはずです。

表情筋や頭皮が凝っている

表情筋、または頭皮が凝っている場合も眉間にシワが寄りやすくなります。

まず表情筋ですが、凝っているということは一定の状態のまま固まっているということなので、眉間にシワがついている状態が長期間維持されるとそのまま痕がつきやすくなってしまいます。

特に表情が乏しいと言われている私たち日本人は、表情筋の使用率が低いため外国人よりも凝りやすい傾向にあるようです。特に近年はパソコンやスマホを長時間使用する機会が増えてずっと無表情でいることが多いため、さらに表情筋の使用率が低下する原因となっています。

スマホを見て無表情な女性

また、頭皮についてはマッサージでもしない限り動かす機会が少ないため常に凝りやすい状態となっています。頭皮が凝ると荷重が全体に分散されずおでこに集中して頭皮の重みがかかりやすくなるので、おでこや眉間にシワが寄りやすくなります。特に横ジワの痕がつきやすくなりますね。

シワ凝りという、一見無関係に思えることですがこうした理由から眉間のシワの原因になることもあるんです。

加齢や乾燥による肌の弾力低下

加齢や乾燥もシワができて痕が残りやすくなる原因となります。

これは肌の弾力や水分が失われていくことにより、ついてしまったシワを伸ばし元の状態に戻す機能が弱まってくるからです。

加齢により肌のバリア機能や保湿機能が衰えてくるということも原因ですが、他にエアコンの冷暖房により乾燥した部屋で過ごすなどの環境要因によっても同様の状態となります。

こうしたことが原因でくっきりと深くついてしまいなかなか消えない眉間のシワですが、実は簡単に消せる方法がいくつかあるので紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大