シワには種類があるって知ってた?タイプ別の対策をして改善しよう!

スポンサーリンク
レクタングル大

表皮ジワの対策と治し方

それではまず表皮ジワの対策について。

この段階ではまだ浅く小さなシワなので、今のうちに正しい対策をしておけばシワを消し去ることも可能であり、真皮ジワへと変化する前に対処することができます。

保湿こそが最大の対策

表皮ジワの原因のひとつとして乾燥があると記載しましたが、その乾燥を防ぐためにはもちろん保湿することが必要となりますね。

保湿する女性

保湿し潤いを保つことによって肌にハリが生まれ、シワができにくい肌になるため保湿することこそが表皮ジワを防止するための最大の対策となります。

特に皮膚の薄い目尻などは水分を蓄えておく量も少ないことから乾燥しやすく、シワができやすいデリケートな場所です。

そんなところにはワセリンを塗るなどの対策をして他の場所よりも入念に保湿することを心掛けましょう。

※詳しくは別途記事に記載してあります。

歳をとったことの象徴のように現れてくる目尻のシワ。別名ちりめんジワとも呼ばれるこのシワは老け顔に見られやすく、気にしている女性も多いですよね。少しでも目立たなくして進行を食い止めるためにはどうしたらいいのか、すぐにでもできる方法を伝授します。

新陳代謝機能を向上させよう

新陳代謝の機能を向上させることができれば肌表面の細胞が生まれ変わるサイクルが早まり、細かいシワ程度であれば消すことができます。

新陳代謝をしっかりと行うようにするためには血液の巡りを良くする必要がありますが、その理由は血液が新陳代謝サイクルに必要な栄養や酸素を届けてくれるからですね。

そのためにおすすめの方法としてウォーキングがあります。全身を使って歩くことにより血液の巡りが改善され、心臓もしっかりと血液を全身に送り出す仕事をしてくれます。

ただ、あまりにゆっくり歩いても効果的ではないので早歩きを意識して行いましょう。また、ついでに顔痩せ効果もありますので別途ウォーキングについて詳しく記載した記事もぜひご覧になってください。

元々顔の脂肪が多い人にとって、顔痩せするためは長い時間がかかり効果を実感しづらいものです。しかし意外にもウォーキングによって顔のダイエット効率を上げることができます。その理由や方法を覚え、明日から早速小顔に向けて歩いてみませんか?

真皮ジワの対策と治し方

続いてはやっかいな真皮ジワの治し方についてです。表皮ジワについてはいくつか改善方法がありましたが、深くついてしまったシワについても治すことができるのでしょうか?

保湿だけでは治らない?内側から治す必要がある

ガッカリしてしまうかもしれませんが表皮の下層にある真皮まで到達した深いシワはそうそう簡単に治すことはできません。

表皮のように新陳代謝では生まれ変わることのできない深い場所にシワがついているからですね。真皮ジワがついてから乾燥対策をしたところで時すでに遅しです。

真皮まで達したシワを押し戻すには肌の弾力が必要となりますが、肌の弾力に必要な要素はよく耳にする『コラーゲン』ですね。コラーゲン入りの化粧品や飲料・食べ物なども販売されています。

コラーゲン

しかし!そういったものを塗ったところで分子が大きいため表皮にとどまるだけであり真皮には届きません。また、たとえ飲んだり食べたりしたところで体内の他のことに使われるだけで、これもまた真皮の細胞に届くことはないんです。

つまりコラーゲンを直接摂取したとしても真皮ジワは治せません。

コラーゲンはビタミンCで『増やす』

ではお手上げかと言うとそうでもありません。

コラーゲンは実際に肌の弾力を保つ働きはあるので、それを増やすことができれば真皮のシワも改善できる可能性があります。

そのためにはビタミンCを摂取するのがベストです。ビタミンCはコラーゲンをつくり出すための材料であり、積極的に取り入れることによって真皮層のコラーゲンも増加します。

また、ビタミンCが配合された化粧品なども使用してみると効果的です。コラーゲンは直接塗っても真皮層には届きませんが、ビタミンCであれば奥まで浸透しこれもまた真皮層でコラーゲンをつくるための材料となります。

ビタミンCはレモンやみかんなどの柑橘系フルーツに多く含まれていますし、サプリメントを飲むのも良いでしょう。まずはビタミンCの摂取を意識してみてください。

ビタミンC

表皮ジワ・真皮ジワについてのまとめ

ここまで長々と解説してきましたが、それぞれのシワの種類と特徴・対策についてを表にまとめましたのでおさらいをしておきましょう。

シワの種類 特徴 原因  対策
表皮ジワ 浅く治しやすい ・乾燥
・紫外線
・代謝能力の低下
・保湿
・代謝能力向上
真皮ジワ 深く治しにくい ・表皮ジワによる癖
・急激な体重減少
・加齢によるたるみ
 ・ビタミンC摂取

表皮ジワについては比較的対策しやすく治しやすいですが、真皮ジワについては難しいので中からジワジワと治していくつもりで気長に戦う心構えが必要ですね。

内容をしっかりとご理解いただけたでしょうか?シワを撃退し、若々しい肌に戻れるよう努力を続けていきましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大