ほうれい線を無くす方法は意外にも『頭皮のマッサージ』が鍵

ほうれい線を無くす方法を日々模索している人は数えきれないほどいらっしゃるかと思います。ほうれい線ひとつあるというだけでどうやっても老け顔に見えてしまい、毎日鏡を見るたびに憂鬱になったり指で伸ばしてみたりしているけどなかなか消えないというのが現実ではないでしょうか。

ほうれい線のある顔

ほうれい線は基本的に頬肉のたるみが原因で目立つことも多いのですが、重力には誰も逆らえないためある程度たるんでしうまうとなかなか癖がついて消えなくなってしまいます。顔を上にでも向ければ少しは目立たなくなるのですが、ずっとそのまま生活するわけにもいきませんね。

今回は何をやってもなかなか消えづらいほうれい線について、意外と思われる『頭皮のマッサージ』により無くしていく方法をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

頭皮とほうれい線の関係

まず頭皮とほうれい線は離れているのに何が関係あるの?と思うかもしれませんが、実は頭皮から頬肉までの筋肉は全てつながっています。頬肉までというよりは頭・顔全体の筋肉にはすべてつながりがあると言っても過言ではありません。

そもそもほうれい線ができるのはなぜ?

まずほうれい線ができる大きな原因は主に頬のたるみなわけですが、頬がたるむことにもさまざまな要因が考えられます。基本的には頬の筋力が低下し、全体的に頬の脂肪や筋肉そのものが垂れ下がってしまい脂肪の少ない口元との段差によってほうれい線が発生します。

頭皮マッサージとほうれい線にはどんな関わりがあるの?

たとえ頬の筋肉が衰えていないとしても頬がたるむ原因があります。それは頬全体を上に引っ張っている(引き上げている)筋肉は頭の筋肉である『側頭筋』と呼ばれる筋肉だからです。

その側頭筋が凝っていると頬肉を引き上げることができず、それどころか凝り固まった筋肉が重力によって重みとなり頬肉をたるませ、深いほうれい線をつくり上げてしまいます。

つまり頬肉を引っ張る側頭筋を頭皮マッサージすることによってほぐし、しっかりとした引き上げ効果を発揮できればほうれい線も解消できるということになります。まさか頭の筋肉と口元のほうれい線に関係があるなんて普通は思いませんよね。

しかし実際には密接な関係があるというわけです。

側頭筋が凝る原因とは

側頭筋が凝る原因はさまざまです。言い方を変えれば誰もが凝ってしまう可能性があるということになります。その代表的な原因についてご紹介していきましょう。

PC・スマホの使いすぎ(目の使いすぎ)

側頭筋や顔の筋肉が凝る原因としてはこれが最も多くを占めるのではないでしょうか。現代ではPCやスマホなどの電子機器はもはや誰もが持っていると言ってもいいほど。むしろ持っていない人を探す方が難しいですよね。

PCやスマホを使う人

PCやスマホを長時間使用するなどして目を使いすぎることにより眼精疲労が発生します。ずっと目を使用することにより顔や頭の筋肉が緊張状態となり、その状態が続いて頭皮や頭の筋肉・顔の筋肉までが凝ってしまうんです。また、同様の理由からしかめっ面も凝りの原因となります。

スマホの場合はほとんどが下を向いたまま操作することが多く、首や肩凝りの原因にもなりますがそれもまた緊張状態が続くことになるため側頭筋が凝る原因にもなります。さらに下を向いてばかりいると顔のお肉そのものも重力により垂れ下がり、ほうれい線ができる直接的な原因にもなるので姿勢を意識しておく必要もありますね。

特に若い人はPCやスマホに依存し、目を使いすぎる傾向にあるため注意が必要です。

同じ姿勢を長時間続けている

こちらはデスクワークをしている人に多い原因です。一日中会社でデスクワークをしているような人の場合、朝から晩まで同じ姿勢で過ごすという場合も多いと思います。そのままの状態で長時間過ごすことは常に体全体が緊張する状態になり、これもまた肩凝りから頭の筋肉までが凝ってしまう原因となります。

特にPCを使用していると首が前にせり出すような体勢になることが多く、重い頭を支える首や肩に負担がかかりやすくなりますが自分ではそういった体勢になっているということを気付いていないという人がほとんどです。気付いたら意識的に直すよう気を付けてみましょう。

首が前に出ている状態でPCを使う人

また、どちらにしても筋肉が緊張するということは血行不良が発生しているため、筋肉へ血液が行き渡らず酸素や栄養分などが不足してしまいます。このような複数の原因が積み重なり側頭筋や顔の凝りが発生することになります。

別途、顔の凝りについても気になる方は下記記事をご覧になってみてください。

肩凝りと同じように、顔にも「凝り」が発生します。顔が凝っているとむくみやたるみにつながり、更には顔が大きく見えたり老け顔に見えてしまいます。顔の凝りをほぐす方法やマッサージ方法、そして予防法についても紹介しますので、是非試してみてください。

ほうれい線をなくす頭皮マッサージの方法

それでは早速ほうれい線をなくすためのマッサージ方法についてご紹介します。まったく難しいこともなく誰にでもいつでも簡単にできる方法なので、まずは今日からマッサージを始めてみてはいかがでしょうか。

まず、側頭筋ってどのへん?

まずは側頭筋の場所について覚えておきましょう。側頭筋は簡単に言えば耳とこめかみの上に位置する筋肉です。見た通りわりと大きめの筋肉で構成されており、この筋肉の働きにより顔の肉を上に引き上げています。※画像の丸印の場所が側頭筋

側頭筋の場所

見ると頬や顔の他の筋肉ともつながっていることが確認できると思いますが、この筋肉が凝っていると上に引き上げる力が正常に働かず、それどころか顔の筋肉に重くのしかかり、結果的に顔のたるみを生じさせることになります。

そのたるみが原因で口元に頬肉の重さがかかるため、ほうれい線がくっきりと出てしまうということですね。試しに頬に手を当てて頬肉を下げてみると、ほうれい線がハッキリすることがよくわかると思います。

側頭筋のマッサージ方法

前述したとおり、やり方はいたって簡単。両手の人差し指・中指・薬指3本程度をこめかみの上のあたりに軽く当て、ぐるぐると円を描くようにゆっくりとマッサージしていきます。

側頭筋のマッサージ

この時早く凝りをほぐそうと力を入れ過ぎたりあまりにも早く手を回し過ぎると頭痛が発生する場合があります。凝っている場合はマッサージを始めた時点で既に少しだけ痛みを感じると思いますので、その少しだけの痛さを維持するくらいの力加減でマッサージしてみましょう。

1日1分×3セット程度マッサージを続けるだけでも少しずつ凝りはほぐれてきます。早くほぐしたいからといってやり過ぎは禁物。前述したように頭痛などの原因になるため、特に最初はゆっくり優しくを心がけて焦らずにやってみてください。

このマッサージにより側頭筋の凝りがほぐれてくるため、頬肉を引き上げる力が少しずつ戻ってきてほうれい線も徐々に解消されていきます。1日3セットだけでなくとも思いだした時にはマッサージを定期的にしてあげれば凝りの予防にもなりますので、ぜひ続けてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大