『仕事ができないヤツ』と思われる大きな原因は?

会社には必ずといっていいほど『仕事ができるヤツ』と『仕事ができないヤツ』が存在します。

もちろん誰もが仕事ができるヤツに思われたいし、そこにカッコよさを求める人や満足感・達成感を感じる人も多くいるんじゃないかなーって思います。モテたいとか思う人もいそう?

でも比べる対象が存在する限り常に他の誰かと比較されるし、思い描いたとおりの理想像になるのはそう簡単な事じゃあありません。あなたのことを上司やまわりはいったいどう思っているんでしょうね。

仕事ができる人!ってみんな思われたいもんだよね~!

『仕事ができる』の定義についても別途考察したいと思いますけど、それよりもまずは『仕事ができない』と思われるのを避けることが再優先!

なぜならばコツコツ問題なく実績を積めば仕事ができると言われるようにはなりますが、仕事ができないというレッテルを一度貼られてしまうとその信頼を取り戻すのがとても困難になるからです。

まずは仕事ができないヤツと思われてしまう原因をしっかりと押さえておいて、これからご紹介するような行動をしていないかちょっくら思い出してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大

仕事ができないと思われるリアルな原因5つ

ここから具体的な原因についてズラズラ書きなぐっていきます。以下のような行動をしていれば、もしかしたらあなたはもうダメダメ君に見られている可能性も…。

とりあえずはこれまでの自分の行動をじっくりと振り返ってみてください。

即行動をせず後回しにする

これはもう典型的でしょう。特にめんどくさいことや時間・手間のかかりそうなこと、気が乗らないことは徹底的に後回し!

たとえば丸一日かかる仕事があったとして、納期が10日後なら手を付けるのは納期ギリギリの前日や納期当日。「まだ時間あるから今やんなくていいや」の精神です。

わかります、本当よくわかります。私もどちらかといえば本音はそっちのタイプですからね。

ギリギリでも間に合えばいいんだ~!いつやるかなんぞオレの自由だーー!って思ってたなぁ…

でも実際間に合えばいいんじゃないんですか?

でもこれ、本当リスキーな行動なんです。納期前日や当日、もし他にもっと重要な急ぎの仕事が入ったらどうしますか?

残業しようが早出しようが結局は納期に間に合えばいいわけですが、それでも間に合わないこともありえるし、毎回納期ギリギリに報告や提出する人をあなたはどう思うでしょうか。

間に合うのか、大丈夫なのかといつもまわりや相手にヒヤヒヤ心配ばかりさせちゃうことになります。

さらにはあなたのまわりにもっと納期の早い人がいたとしたらその人と比較されることになり、シンプルに『仕事が早いヤツ』『仕事が遅いヤツ』に区分されます。もちろん後回し君は後者になるわけで、遅い=できないということになりますね。

忙しさや優先順位はあったとしても、とにかく依頼に対しては早め早めの対応を取ることが得策!

とにかく何をするにもこだわりすぎて遅い

あなたのまわりにもいませんか?一見、マメでていねいな仕事をしてはいるけど細かすぎたりこだわりすぎてとにかく『遅い』人。実は私もそのタイプで、長~い間この性格に悩んでいたほどです。

全て自分が思う通りにいくまでは一切の妥協を許せず、完璧に仕上げるまでは『完成』ということにはできない人間でしたからね。これじゃダメだー!ってな具合に。

たとえば資料を作るにしてもデザインや色・配置など細かい部分もすべて100%納得しないと提出できず、結果的には提出が遅れてしまうなんてこともしばしば。

絶対誰もわかんないような線のズレが許せないとか、グラフの色だのデザインだのどうでもいいことに時間かけすぎちゃってたのよねん~。

いくらいい資料を作ったとしても、結果的には『提出遅いヤツ』にしかなりません。

ほとんどの人は細かいところなど気にせず、さっさと終わらせようとスピーディーにきっちり仕事を仕上げます。いくら細かい所まで完璧に作ったとしてもそこまで見ていない人がほとんどで、ほとんどが時間のムダになっちゃうというわけです。

実際、他人が作った資料を見て色がもう少しこうだとか、線が1ミリはみ出てるとかなんてどうでもいいですよね。※チカチカするような変な配色はさすがに気になるけど!

私は意識的に「こだわるな~こだわるな~」って自分に言い聞かせながらこのクセを直して、品質は80~90%もあれば上等、それよりもスピードが重要だし評価されるということを十分に実感しました。

誰も気付かないような100%の品質は誰も求めていないということです。それより少しでも早く仕事を処理してあげたほうがよっぽどみんな喜んでくれますよ。

ちょっと人より仕事が遅いかな?って思っているのであれば、妥協できるポイントがないかに目を向けてスピードアップを心掛けてみましょう。それが『仕事できないヤツ』からの脱却につながります。

文章ズラズラと長くなりがちみたいですけどもしかしてまだ完璧主義抜けてないんじゃ…

…何か言ったかね?…

まだまだ続くよ!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大