『仕事ができないヤツ』からの逆転はあるか

前回の記事で『仕事ができないヤツ』って思われる原因は何だろうってことをご紹介しましたが、一度仕事ができないヤツと思われたらお先真っ暗なのかといえばそうでもありません。

※参照記事

仕事ができないヤツ!って思われちゃう原因はなぜ?意外にやってしまいがちなNG行動をピックアップ!

先に持たれてしまった『仕事ができないヤツ』という最悪な印象やイメージを覆すことはもちろん簡単なことではありませんが、結論から言うとやり方次第では悪印象を無くすだけではなく、好印象へのイメージ転換だって全然できちゃいます。

むしろ地道に、まっとうに過ごしてきた普通の人を一気に追い抜くことだって全然できるし、実際にそういった人を何人も見てきました。

それもまさに『逆転』だと思います。

なので今が悪い印象を持たれているからといって諦めることなんかまったくないし、むしろチャンスだと思ってこの記事を読んでもらえれば幸いです。

でもダメ社員扱いされてからじゃ他の人よりも遅れをとっちゃうんじゃないですか?

ところがどすこい。人の心理ってのはおもしろいもんで、印象は180度変えることだってできるんだなこれが!

どすこい???

私の部下の実例をもとに、その理由をお伝えしていきます。

スポンサーリンク
レクタングル大

仕事できないヤツが急にまともになると他よりも立派に見える件

私の直属の部下の中に、今支店内のナンバーワン技術者ともいわれている社員がいます。ここではA社員としましょう。

彼は私が以前所属していた会社に19歳で入社して、当時はいわゆる不良で遅刻や欠勤の常習犯。

そんな勤務態度なもんで当然まわりからも「本当使えないヤツだな」「また休みかよ!」なんてことを言われ続け、完全なダメ社員認定をされていました。

そういえばアイツ、3日くらい無断欠勤したこともあったな。

えっ…普通クビになりません?

普通じゃない変な会社だったからクビにはならなかったね!

その後3年くらいでその会社を辞めて他県へ行き同業種の仕事をしている会社へ就職していましたが、その2年後くらいに私も今の会社へ転籍し、その時新たな業務拡大のため人手が必要だったのでA社員を他県から呼び戻し、入社してもらうことになりました。

正直前の会社では勤務態度が良くなかったし大丈夫かなっていう心配はありましたけど、性格的な面では皆にも好かれていたし私も好きだったのでなんとかなるかなって感じで声を掛けたわけです。

するとどうでしょう!またサボったりとかするのかな~なんて思っていたら結婚したからなのか大人になったのか、以前とは違い熱心に真面目に働く男へと変わってていました。

みんな口をそろえて「昔はあんなんだったのに今じゃたいしたもんだねー」とか褒めはじめちゃったりして。

今でこそ仕事の早さや質もSランクですが、戻ってきた当時は普通になった(追いついた)という程度。それでも他の平凡な社員よりも目立ってどんどん注目されはじめたので、本人のモチベーションが上がってさらに勤勉になり…と、良い循環ができました。

そこからさらに努力を続けてトップクラスの社員へと変身したわけです。

表彰常連、技術講師に選ばれたりそっちこっちに引っ張りだこだし本当見事に花が咲いた感じだね!

一般的な社員よりも出世しやすい可能性

要するにここまで何が言いたいかというと、ダメなヤツ・仕事ができないヤツが急にまともになるだけで、一般的な社員よりも目立って評価されるってことです。

淡々とがんばってきた人には申し訳ないですが、スタートが悪い分伸び幅が多く見えるため急成長したかのような錯覚に陥るんでしょうね。※もちろんそれなりの意欲やスキルを見せる必要もありますが。

さすがにわざと悪く見せてから良く見せる…なんてのはリスキーだしやめたほうがいいですよ!

もしも今、もしくは過去にあまり評判が良くないとか良い評価をもらえていなかったとしても、そこから這い上がって出世していくチャンスは平凡な道を歩んできた他の社員よりも、もしかしたら多いかもしれませんね。

逆転したければ『身近な人』を使え

一度悪い評価をされてしまうと会社からはダメなヤツ認定されてしまい、基本的には『悪い目』で見られてしまうので、逆転しようとがんばってもその姿を見てすらもらえなくなるもの。

ダメな人って思われたらその先入観だけで評価されちゃいそう。

いやホントにそのとおり。なかなかイメージってのは変わらないもんだからね。

つまり自分をアピールすることすらできなくなるってことです。それじゃあもうがんばるだけ損じゃん!って、どんどん悪循環に陥ることになりますよね。

そんな時には『身近な人』を使って自分の改心っぷりを伝えてもらいましょう。

具体的には、身近にいてあなたのことを常に見ている人で、尚且つあなたのことを嫌いではない人(それなりに仲の良い人)から会社側、つまり上司へ「アイツは変わった」ということを伝えてもらうんです。

さほど優秀ではない人、まして仕事ができないような人のことを社長や部長といった立場の人は目をかけてはくれないので、上層部の人の見る目を変えてもらうためにはまず身近な人から巻き込んでいく必要があるというわけです。

前述した”元”ダメ社員であるA社員は私と同じ部署でありプライベートでも仲の良い社員ですが、変わった彼の姿を上層部へ伝えたのは他ならぬ私や彼の身近な社員であり、そこからだんだん注目されるようになってきたのは間違いありません。

べつに「オレたちのおかげだぜ!」って言いたいわけじゃないですからね!実際にこういった実例もあるってことです。恩着せがましいようなことを言っているように聞こえるかもしれませんが。(笑)

まー実際3割増しくらいで押してやったけどね!

でもそういう上司とか同僚がいたりするから逆転のチャンスもあるってことですよね!

こうして徐々に認められるようになるとしてもかなりの時間はかかるでしょうが、少しでも早くと思うのならば身近な人を使ってどんどん変わった自分をアピールしてみてください。

そうやって少しずつでも自分を身近なところから売り込んでいけばダメ社員からでも全然逆転できると思います。もちろん這い上がるためにはそれ相応の努力をしっかりとしたうえでの話なので、ただがんばってますアピールだけしても伝わらないのでご注意を。

ということで、今自分はダメ社員認定されているな~って思ってもそこをうまく利用してここから逆転を狙っていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大