自分の会社はブラック企業?その見分け方や特徴を解説

スポンサーリンク
レクタングル大

ブラックかも?と思ったら

ここまでご紹介したことに当てはまることがあったら、ブラック企業に入社してしまった可能性は多いにあります。

しかし、最近ではブラックというキーワードに過剰反応し、これはブラック!あれもブラック!と騒ぎ立てる人も増えてきているようですね。

『ブラックの盾』を装備しているんでしょうか?

要は働き方改革とかを盾にして、やりたい放題するヤツもいるってこと!

何でもかんでもブラックと騒げば自分勝手にできるわけじゃないですからね

ブラックの明確な基準はいろいろと難しいところもありますが、とらえ方の違いにより逆にあなたの方が『過剰に反応して騒いでるヤツ』なんてレッテルを貼られる場合もあるので注意が必要です。

まず騒ぐ前に信頼できる社員や上司に相談し、今の自分の待遇などについてひとつずつ確認していきましょう。

今回ご紹介した内容にひとつ当てはまるからといって他全てがダメというわけでもありません。代わりに給料が高いなど、少しのブラックっぷりをしのぐ何らかの魅力があればブラック企業には当てはまらない可能性もあるからです。

それらを考慮したうえで今の会社で良いのか否かを判断していくことをおすすめします。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大