【面長】顔が長いのは自力で治せる?原因から考える対処方法

顔の大きさは誰もが気にする大事なこと。もはや美しさの大前提としては小顔であることが条件と言っても過言ではありません。大きな顔の美人なんていうのはまずイメージが湧きませんからね。(気にしている人に対しては大変失礼ですがご容赦を!)

顔の長い女性

特に外人さんのようにスタイルが良く、まるで人形のように小さな顔には誰もが憧れた経験があるんじゃないでしょうか?もちろん外人さんだからと言って必ず小顔なわけではないですが…

顔が大きいと感じることには全体的に大きい・縦長・横幅が広いなどさまざまな種類が考えられると思いますが、今回はその中でも顔が縦に長い面長についての悩みを解消するお手伝いをしてみたいと思います。

最初にお断りしておきますが、骨格そのものが奇形的に長いような場合を想定しているわけではありません。美容整形をおすすめしたいわけではないので、あくまでも自分でできる対策・解消方法といった目線で確認していただけると幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル大

顔が長いとどんなイメージに見られるの?

まずはじめに、みなさんは顔が長く見えることをどう思いますか?

  • 顔がデカく見えるから嫌?
  • 縦に長い分スリムに見えるから好き?

う~ん、あたしはあまり顔が長くていいなって感じたことはないかな!先生はどうですか?

私も顔が長くなりたいって思ったことはないわね。まずは周りからはどう見られているのか見てみましょ。

人によって考え方はさまざまだと思います。必ずしも顔が長いことを嫌だと思っているわけではないでしょうし、実際にデメリットだけではなくメリットもありますからね。とりあえず第三者から見た率直な感想を見てみましょう。

顔が長いデメリット

デメリットということは、つまり顔が長いことによりネガティブ(マイナス)な印象に見えてしまうということです。具体的には…

・顔全体が大きく見える
・老けて見られる
・体とのバランスが悪く見える
・ゴツく見える
・気が強そう(怖そう)に見える

といった印象になり、かわいい系とはずいぶんかけ離れたイメージになってしまいますね。ゴツかわいいなんて言葉はないし…。か弱い女の子や妖精のようなイメージを持たれたい人にとっては全くうれしくないことだと思います。

と、こんなことを言い切っちゃうと完全に顔が長いということを否定しているように思われるかもしれませんが、実はちゃんとしたメリットもあるんですよ。

顔が長いメリット

デメリットとは反対に顔が長いことにより好印象を抱かれる場合もあります。むしろ「もう少し顔が長いほうがいい!」なんて思っている人だっているんです。

まわりから見た良いイメージとしては

・大人っぽい(童顔に見られない)
・かっこいい、クールに見える
・縦長のため痩せて見える

こんなところでしょうか?とにかく必ずしもマイナスなイメージだけではないということもお忘れなく!

でもやっぱり普通くらいがちょうどいいと思っている人にとってはコンプレックスに感じてしまうことでしょうし、何よりこの記事にたどり着いたのであれば顔が長いのを治したいと思っているからだと思います。

まぁ必ずしも悪いイメージってわけじゃなさそうだけど…普通の人は自分の顔が『長い』なんて思われたらその時点で気分のいいものじゃないわよね。

そう思います。やっぱり長く見られるよりは小さい~って思われた方がいいかな!

『顔が長い』の定義

長いと言っても具体的にはどれくらいだと『顔が長い』ということになるのでしょうか?自分ではなんとなく長いと思っていても実は普通サイズだったなんてこともあるかもしれませんね。

普通の顔のサイズってどれくらい?

ネットで調べてみるとわかりますが、顔の長さや幅についての一般的な大きさの情報がたくさん出てきます。調べ方や調査量も違うからだと思いますが、やはりサイトによって1センチ程度の誤差が出ているようですね。

それらを平均したおおよそのサイズを幅も含めて紹介します。

女性の顔の平均サイズ

顔の長さ(高さ)
約22㎝

顔の幅(耳の上まわり)
約16㎝

顔の幅(頬骨の外側)
約14㎝

女性の顔のサイズ

男性の顔の平均サイズ

顔の長さ(高さ)
約23㎝

顔の幅(耳の上まわり)
約15.5㎝

顔の幅(頬骨外側)
約14.5㎝

男性の顔のサイズ

いかがでしょう、見て気付くと思いますが女性も男性も実は大した差がありません。男女で顔の大きさはけっこう違うように見えるんですが、平均としてはたった1センチ程度なんですね!

じゃあ自分がいったいどれくらいなのか、気になってきませんか?

顔の長さを測る簡単な方法

顔の長さを測ってみたくても定規やスケールでは正確に計測することは困難です。そこで、顔の長さや幅を測るための簡単な方法を紹介します。

まずは実測して、自分の顔はどうなのかということを確認してみることが大切ね

①ティッシュ箱を用意する
②壁に顔を向けて近づいて立つ
③ティッシュ箱を壁にくっつけたまま、アゴに下から当てる(当てたら動かさない)
④ティッシュ箱の上面の位置(アゴの位置)に付箋紙などでマーキングする
⑤ティッシュ箱を壁にくっつけたまま頭頂部に当て、下面にマーキングする
⑥マーキングした位置の間隔を測定する
顔のサイズの測り方

こうしてみるとなんかすごい光景ですが。(笑)

これで簡単に顔の長さを図ることができます。やりにくい場合は壁じゃなくてもうつ伏せになって床に向かってやってみてもOKです。ちなみに幅も同じ要領で測ることができます。

へー!これなら一人でも簡単に測れるんですね!

実際に平均を大きく超える長さなら骨格の問題

顔のサイズを測ってみて、平均よりも顔の長さに差がある場合は気のせいではなく実際に長いんだと思います。

この場合はほとんどが生まれつきの骨格的な問題であり、矯正するにしてもそう簡単にはいきません。美容整形でアゴを削るなどの大がかりな手術が必要となるので、金銭的にも体にも大きな負担がかかることになります。

お金持ちでもなければ整形するほどのお金はなかなか使えないでしょうし、何よりも踏み切る勇気や覚悟が必要ですよね。

ただ、自力では全く打つ手なしかと言えばそうでもないのでご安心ください。後ほど解説します。

数ミリ程度の違いなら顔が長く『見えている』だけ

平均の顔の長さと大した差がなく数ミリ程度の違いであるにもかかわらず顔が長いと思うのであれば、それはさまざまな要因によって長く見えているだけということも考えられます。

例えば他の人と一緒に並んでいる写真を見ても顔の高さがほとんど変わらないのになぜか自分の顔だけ長く見えるような場合は、そう見えるなんらかの原因が潜んでいるからです。その原因を取り除くことができれば顔が長く見えるという悩みは解決できますね。

では、具体的な原因やその対策にはどんなことがあるのかを確認してみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大